スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←“BRAND Hong Kong”な映画たち →【祝】 呉彦祖(ダニエル・ウー)結婚!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

香港國際電影節

香港力・《香港四重奏》

 ←“BRAND Hong Kong”な映画たち →【祝】 呉彦祖(ダニエル・ウー)結婚!
昨日アップできませんでごめんなさい。
さんざんためましたが、いよいよ《香港四重奏》について。

香港国際映画祭では短編を集めた上映4回に散りばめられていた香港の監督作を、フィルマートでは《香港四重奏(Quatro Hong Kong)》のタイトルで試写がありました。Brand Hong Kong presentsとまず出てニヤリ。

上映順に感想を。

【赤地(Red Earth)】
赤地1 赤地2 赤地3
監督: 羅卓瑤(クララ・ロー)
脚本: 方令正(エディ・フォン) 羅卓瑤
出演: 呉彦祖(ダニエル・ウー)
言語: 英語・北京語    上映時間: 22分


グランドハイアット(だと思う)の部屋にいる呉彦祖(ダニエル・ウー)の英語のモノローグと彼が撮影した写真のスライドショーで物語は始まります。
男は女を待っている。曖昧な約束。
10日、20日、40日、60日。女は来ない。

その間に彼はいろいろなことを考えます。
もし太陽が沈まなかったら…。それは世界の終り。
世界の終りは誰にでも平等にやってくる。ホームレスにも億万長者にも。
もし太陽が昇らなかったら…。闇の中で何が記録できるというのか。どんな記憶を残せるというのか。

非常に観念的な作りですが、強いメッセージ性に目はくぎ付けでした。
ストーリーが面白いとか、そういう感じではないのですが、本気で「地球は危ない」と深刻になっちゃった。
そして映像もモノローグも素晴らしかったです。

monicalの印象にとても強く残ったのは、これまでと違うダニエル・ウーの役作り。
中で彼はそのままABC(アメリカ生まれの中国人)の役を演じているわけですが(ネイティブな英語とたどたどしい北京語)、英語は普段、素の彼が話す英語とはまるで違うものでした。
「お、彼なりに相当役を作り込んでいるな」と妙に感心し、ちょっとご機嫌(笑)。
いつかまたチャンスがあったら彼にそのことを聞いてみたいと思います。


【生炒糯米飯(Fried Glutinous Rice)】
生炒糯米飯2 生炒糯米飯3 生炒糯米飯1
監督: 邱禮濤(ハーマン・ヤウ)
脚本: 李敏(エリカ・リー)
出演: 子役(名前不明) 杜宇航(トー・ユーホン) 候煥玲(ハウ・ウンリン)
言語: 広東語    上映時間: 13分(10分表記もあり)


おや?このロケ地も《歳月神偸》と同じ永利街かな…(不明)。
主人公の少年は街角の屋台で売っている“生炒糯米飯”が食べたくてたまりません。
日ごろのお小遣いでは替えず、お年玉でやっと買いに行くのですが…
少年は大人になって、中華料理店で高級な生炒糯米飯を食べられるようになりました。
特別の思い入れを込めて。
StreetAngels+1996-13-t.jpg ナレーションは屋台のお婆ちゃん。
 これまでの多くの香港映画でたくさんのお婆ちゃん役と言えばこの人、候煥玲(ハウ・ウンリン)さん。
 セリフはほとんどないのですが、黙々と淡々と炒飯を作る姿がステキです。
 わずか13分ですが立派に物語が成立していて、monical、泣いてしまいました。
 ノスタルジーという意味では13分に凝縮しているぶん、《歳月神偸》や《月滿軒尼詩》より濃く感じます。

 


天后・點心皇 単純なmonicalは、140ドルしてもいいから(大人になった少年が食べる値段)食べようと
 ネットでそのメニューがあるレストランを探したりしましたが、
 神様のおひき合わせか、ホテルの近所の24時間飲茶屋(男性おひとり様御用達の店らしい)に
 それを発見! このセットで26ドル(320円)くらいだったような記憶です。
 まさに映画に近い「庶民の」生炒糯米飯。
 おやじさんだらけの店内でうっとりモチゴメをかみしめたのでした(あ、脱線)。
 そのお店の情報などは、今度、食べたものエントリーで。

【偏偏(We Might as Well be Starangers)】
偏偏3 偏偏2 偏偏1
監督・脚本: 麥曦茵(ヘイワード・マック)
企画: 李公樂(リー・コンロッ)
出演: 徐天佑(ティンヤウ) 楊淇(ケイト・ヨン)
言語: 広東語    上映時間: 20分


最近、ティンヤウ君が存在感増してます?東京国際映画祭で上映された彭浩翔(パン・ホーチョン)監督の「AV」や何宇恆(ホー・ユーハン)監督作「心の魔(心魔)」。アイドル(黄又南/ウォン・ヤウナムとのユニットShine)から脱却して2人とも渋く活躍しているのが嬉しくて。
相手役の楊淇(ケイト・ヨン)との相性バッチリ。こういう若手にこれからどんどん頑張ってほしいです。
《烈日當空》で鮮烈な監督デビューを果たした女流監督は彼らと同世代。
つまり等身大の今の香港の若者の生態がリアルに描けているわけです。
まるでドキュメンタリーのよう。
舞台となっている夜の九龍サイド、佐敦(ジョーダン)や油麻地(ヤウマーテイ)や尖沙咀(チムサーチョイ)の街を、こんな若者たちがいるんじゃないか、思わずキョロキョロしちゃいました。
このスタッフ・キャストで長編を作って欲しいなと思ってみたり。

【黄色拖鞋(The Yellow Slipper)】
#40643;色#25302;鞋1 #40643;色#25302;鞋2
監督・脚本: 陳果(フルーツ・チャン)
出演: 簡仲宜(ジョーイ・カン) 馮楚(キティ・フォン)
言語: 広東語    上映時間: 12分(11分表記もあり)


陳果(フルーツ・チャン)と言えば“返還三部作”で香港を描く監督という印象が強かったのに、
いつの頃からか中国でばかり(北京語の)仕事をするようになって淋しい思いをしていました。
そうしたら、アニメーションタッチ(実写版をCG加工したもの)という驚きの手法。
なんか、監督らしくない~(というのはmonicalの勝手な思い込み)。
そしてここで監督が語るのは、黄金期の香港映画です。
小さいころお母さんがよく連れて行ってくれた映画館…。
なるほど、李小龍(ブルース・リー)や周潤發(チョウ・ユンファ)の映像を
そのまま使うわけにもいかない、という事情があったから加工したのかしら(これも勝手な想像)。
なので視覚的にはとても興味深いものだったのですが、
「メイド・イン・ホンコン」のような衝撃はなかったのが残念です。


****************************************

この4本をまとめて見ることに意義があると思います。
香港映画人のノスタルジーや、若い才能の志向や、実験的な試みや、いろんなものが垣間見えるからです。
だからと言って決して商業的ではない。

これらの作品はある意味、香港映画人による香港人のための香港再発見を目的として作られたのだと思います。
残念ながら、短編コンペティションでは4作品ともグランプリは逃しました。
しかしこういう品こそ、日本の映画祭で上映して欲しいと熱望するmonicalなのであります。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【“BRAND Hong Kong”な映画たち】へ  【【祝】 呉彦祖(ダニエル・ウー)結婚!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。