スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←シネマート塾 ご来場御礼と、早速の訂正 →4/30のエントリー 書き直しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日本タイトル 「さ」行

『新宿インシデント』いよいよ公開!

 ←シネマート塾 ご来場御礼と、早速の訂正 →4/30のエントリー 書き直しています
IN-4467.jpg
※これは香港で入手した画像です。

香港の社会派監督…なのにヒットメーカーという、たぐいまれな存在である爾冬陞(イー・トンシン)監督が長年リサーチし、脚本を練り、構想を温めた作品の主役に成龍(ジャッキー・チェン)が名乗りを上げて実現した注目映画『新宿インシデント(原題:新宿事件)』5月1日、いよいよ初日を迎えます。

はい、つまりこれは「ジャッキーのために書かれた脚本ではない」のです。
それほどイー・トンシンの脚本はいつもいつも素晴らしいということ。

派手な宣伝をしていないし、
香港と日本の俳優がごちゃごちゃ登場して歌舞伎町が舞台となると
“本当に面白いのかな”とやや引きがちになる人もいるだろうなと想像できます。

でも・・・

monicalは自信を持って推薦します。

10年以上のリサーチに基づくリアルな脚本。

ありがちなヤクザ映画とはまるで違う、ひとりひとりの人間描写の深さ。

アクションとは無縁、それどころか鈍くささまで漂わせるジャッキーの熱演。


ジャッキーはアクションを封印ですが、竹中直人も怪演を封印(爆)。
それどころか北京語が話せる刑事役をシリアスにこなしています!

悲惨としか言いようのない男を演じる呉彦祖(ダニエル・ウー)、

加藤雅也に“日本人より奥ゆかしい”と言わしめた徐靜蕾(シュウ・ジンレイ)、

今まででいちばん適役に見える范冰冰(ファン・ビンビン)。


監督にかかると、こう演じさせるかぁーと、いちいち納得なのであります。
誰もかれも、他の作品とは演技の質が違って見えるのは監督の演出手腕でしょう。

香港でインタビューした加藤雅也さんがいみじくも
「監督は日本を歌舞伎町をヤクザをステレオタイプに描かない」と語っていました。
演技指導で最初は「え?」と疑問を持ち抵抗を覚えても
監督の説明を受けると「なるほど、そういう見方、見せ方、アプローチもあるのか」と納得した
と。

ひぇえええ~~~というシーンがたくさん登場します。
驚いたり怖かったり、とにかく今までのジャッキー映画の物差しはまるで役に立ちません

できることなら明日の初日に出かけて、出口調査で絶賛してあげてください~~~。
monicalはどこの劇場に行こうかな・・・

作品公式サイト http://www.s-incident.com/

成龍(ジャッキー・チェン)竹中直人呉彦祖(ダニエル・ウー)

徐靜蕾(シュウ・ジンレイ)加藤雅也范冰冰(ファン・ビンビン)


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

 

今さらなんですけど・・・
キャッセイの機内上映でみました。
しかも中国語・英語字幕オリジナル音声。(日本語しかできません私)

なのでこちらの記事や公式リンクを今読んで納得した次第です。

非常に重たかったしラストに救いはないし、でもおもしろく見る事ができました。

個人的にはアジア勢の日本語、ちゃんと聞き取れるレベルと思いました。(でなかったらストーリーを追うことができませんでしたから)

Gun0826さん 

またお越しいただきありがとうございます!
「プロテージ」はこんなに良い作品なのにDVDストレートで、それを無理やり?(笑)シネマートが特集上映のプログラムに入れてくれたのでした。
私はジンチューにとても注目しています。かなりの売れっ子(しかも面白い作品ばかり)なのに、日本で紹介されるチャンスが少なくて残念。あ、そうだ、「セブンソード」にまとも出ています。当時「これ、誰だろ」って思っていたんです~。

 

大変ご無沙汰しております。
シネマート塾、行きたかったのですが・・・

なんとか「プロテージ」を見ることができましたので、関連作品?という事でTBさせて頂きました。
「新宿インシデント」も早く見たい!

あかつきさん 

観れば良い作品だとわかってもらえるのですが、劇場にお客さんの足を運ばせるには「今さら」な題材かもしれません。構想・リサーチに時間がかかる監督、どうも商業性には考えが至らないらしいです、自分でも笑ってました(笑)。

 

広島のシネコンで見てきました。地方の映画館での香港映画としてはまずまずのお客さんの入りだったと思います。ジャッキーだからかも。
お話は辛くて痛かった。
けれど秀作ですね。見る事が出来て良かったです。
映像の撮り方がまんま香港映画なのに舞台が日本のヤクザ…。日本映画には無いこんなにも深い内容と美しい映像。さすがだと感服しました。

いかぴーさん 

痛かったでしょー(笑)。
「プロテージ」は劇場公開の予定がないそうなのでぜひこのチャンスにスクリーンで!
ちょっとしたダニエル祭りですけど。

 

もにかるさんこんにちは!いつも楽しく拝見しています。とにちゃん迷の私が赤壁へは足が向かなかったのに新宿事件は絶対見ようと思っていて封切り初日に行ってきましたよ~。
確かに旺角黒夜の数倍痛かった~(涙)でも彦祖はすごく演技が成長したんではないですか?私は阿傑と自分の子供がなんかダブって泣けてしまいました。
ほんとに出演者ひとりひとりがいい味だしていましたね。Yee監督さすがですね。
いろいろ監督の伝えたいメッセージみたいなものが私なりにキャッチできた気がします。
ジャッキーもものすごいTRYだったけど私は大絶賛したい!裏代表作といっても過言ではないのでは?
すごくよかったので門徒も見に行くことにしました!
ちなみに色・戒につづきカロちゃんがんばってますねー最近日本でも露出度UP!ですね!

rakusuiさん 

やはり危惧した通りの入り…レポありがとうございます。
日本の一般の観客は、ジャッキーにそんな重い映画を求めていないんですよね…おそらく。
15年前の話とは言え、歌舞伎町を歩く時、緊張して肩が凝りそうです(笑)。

 

こんにちは。

「新宿事件」早速見てきました。
六本木ヒルズの7時の初回、お客の入りはあまり良くありませんでした・・

変に誇張されていない分、話が妙にリアルで、見ながら体が固まってしまいました。

非常に重い映画ですが、秀作だと思います。色々考えてしまいます。

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロテージ 偽りの絆 : 門徒

最新作「新宿インシデント」公開に合わせて、4月下旬からシネマート六本木で「イー・トンシン監督映画祭」が開催されてる(た)わけですが、珠玉の傑作群の中で日本未公開だった本作だけは何とかチェックしとこうという事で、連休中に突撃してきました。プリントではなく...

新宿インシデント

先日の「プロテージ」に続いて俺イー・トンシン映画祭、「新宿インシデント」観てきました。 歌 舞 伎 町 で ! やっぱこういうのは、舞台となった場所で見るのが一番ですよ。 新宿グランドオデヲン座は椅子からスポンジはみだす相変わらずのボロ劇場ぶり。 前に
【シネマート塾 ご来場御礼と、早速の訂正】へ  【4/30のエントリー 書き直しています】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。