スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←影后:鮑起靜のプロフィールにびっくり →『つきせぬ想い』と『フルスロットル 烈火戦車』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

香港電影金像奬

許鞍華(アン・ホイ)監督「天水圍」シリーズについて

 ←影后:鮑起靜のプロフィールにびっくり →『つきせぬ想い』と『フルスロットル 烈火戦車』
wayweare01.jpg 金像奬で監督賞・脚本賞・主演&助演女優賞を獲得した許鞍華(アン・ホイ)監督の《天水圍的日與夜》は東京国際映画祭で上映されました。
 映画祭公式サイトの作品紹介
 脚本賞を受賞した呂筱華がこの脚本をアン・ホイに持ち込んだのは学生時代の2000年だったと言います。アン・ホイが気に入っても投資者が見つからない。そこに救いの手を差し伸べたのが王晶(バリー・ウォン)でした。が、製作費はたったの120万HKドル。少な~~っ(笑)

 これに続く作品が、先日の香港国際映画祭で《新宿事件(邦題:新宿インシデント)》と同じくオープニング作品となった《天水圍的夜與霧》です。

   nandf_poster_trhk.jpg
 

     天水圍的夜與霧3   天水圍的夜與霧2

 《夜與霧》は、主演に任達華(サイモン・ヤム)&張靜初(チャン・ジンチュー)というスター俳優を迎えた商業映画。DV(家庭内暴力)の悲劇(一家心中)を描いています。
 はい、切れ男を演じさせたらサイモンか梁家輝(レオン・カーファイ)か呉鎮宇(フランシス・ン)か…(笑)
 もー、サイモンの性格破綻ぶりは凄絶極まりないわけです。そして暴力を受けるジンチューも『プロテージ(原題:門徒)』で麻薬中毒者、《紅河》で知的障害者と特殊な役をこなしてきました。だから圧倒的迫力なんです。早くもmonicalはこの《夜與霧》も来年の金像奬にノミネートされるものと思っております。

ところで・・・


《夜與霧》は実録もの

2004年4月に発生したその事件を映画化すべく2ヶ月後から取材を始めた監督、この企画を2005年、HAF(香港亞州電影投資會)に提出し、出資者を募るにもっとも優秀な作品として表彰されました。そして名乗りを上げたのがやっぱり王晶。 

 つまりこの2本はセットで見てこそ意義のあるものなのでは、と深く感じ入るmonicalなのでありました。東京国際、よろしくです(ってここで言っても…苦笑)。


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

nancixさん 

天水圍を民間(長江実業だったかなぁ)から政府が“いぬき”で買い上げた時点で、失策だったのかもしれません。SARSの時、医療従事者の宿舎にしたことで“非情城市”の烙印を押されてしまった印象です。
でもだからこそ「日與夜」と「夜與霧」でどんな町にも“暮らしがある”ことを知ってほしくて撮ったんだと思いたいです。

社会的背景にどこまで観客の目がいくか? 

 中国との境に近く、通勤に不便な住宅街の天水圍には、確かに無職や老人、中国女性と結婚した低収入層の香港男性、生活保護を受けている一家が多く住んでいて、投身自殺や家庭内暴力、青少年の麻薬や飲酒問題、喧嘩による流血沙汰など社会問題が山積みだそうです。ソーシャルワーカーやキリスト教系慈善団体が、懸命に社会的弱者に手を差し伸べています。でもアン・ホイが「夜與霧」のように撮ると、扇情的になってしまうのですよね…。外国人がその社会的背景を踏まえて見なければ「サイモン・ヤムやっぱり怖い」で終わってしまいそうな撮り方ですが…。

szさん 

許鞍華(アン・ホイ)作品は好きじゃない、という友人が何人かいるので賛同者がいて嬉しいです(笑)。最近のサイモンさんの大車輪、脱帽です。

な~るほど・・・・・・ 

こんばんは。
『天水圍』シリーズファンとしては、ひとつ前の記事と合わせて大変ためになりました。
ありがとうございます。
鮑起靜さんのこと、映画を観てから気になりつつ何も知らなかったので。

そして『夜與霧』が実録だったということも。
HKIFFで観ましたが、任達華の切れっぷりったら夢に出てきそうでしたv-404

とはいえ、もう1回観たいです。
2本とも、(意味合いはまったく違うけれど)心に残る映画でした。

ほんと、東京国際よろしくです、ですね~。
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【影后:鮑起靜のプロフィールにびっくり】へ  【『つきせぬ想い』と『フルスロットル 烈火戦車』】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。