スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【香港】 映画のイチバンは《渺渺 MiaoMiao》でした →【香港】 おひとりさまの朝ごはん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日本タイトル 「さ」行

『戦場のレクイエム』(集結號) 初日決定!

 ←【香港】 映画のイチバンは《渺渺 MiaoMiao》でした →【香港】 おひとりさまの朝ごはん
081017試写 監督:馮小剛(フォン・シャオガン)、先日の東京国際映画祭で上映され、金馬賞で最優秀脚色賞と最優秀主演男優賞を獲得した作品です。

1月17日(土)、シャンテ シネ他全国順次ロードショー

これまでの監督作品はどうもいま一つ好みじゃなかったmonicalですが、
これはとっても気に入りました。
馮小剛(フォン・シャオガン)監督は中国ではいわゆる“旧正月コメディ”の巨匠だったわけですが
「喜劇しか撮れないわけじゃない、ということを証明したかった」と語っているように、これは超シリアスな重くていろいろ考えさせられる作品です。
でもちゃんとエンターテインメント性にも富んでいて、monicalはそのバランスが気に入りました。

それより何より、大抜擢で主演(初主演)の張涵予(チャン・ハンユー)が本当に素晴らしいです

2008金馬影帝


配給元のブロードメディア・スタジオから届いたリリースに掲載されていた
“各界からの賞賛コメント”を転載します。

(順不同・敬称略)
----------------------------------------------------------
これまでの中国の戦争映画では見た事のない、迫力ある戦闘シーン。
素晴らしい映像技術に圧倒されました。 
■阿部 力 (俳優)

芸術は体制に奉仕もすればたくらみもする!
監督の抵抗心を密ませたギリギリの作品が人間の根源を問う。
■有田芳生 (ジャーナリスト)

この映画のテーマは"勇気"だ。
たった一人でも、できることがある。
■猪瀬直樹(作家)

すさまじい戦闘とその後にくる恩讐の日々。それにしても、このスケール!
中国映画はハリウッドを超えるのか。 
■大谷昭宏 (ジャーナリスト)

ラストシーン。タイマツに照らされた主人公グー・ズーティの顔。
その瞳は未来を見つめている事に気がついた。 
■久米 宏 (司会者)

ストーリー、映像、役者の顔つき、全てに締まりがある。
男子は、良い意味で危機感を感じられる作品だと思う。 
■小出恵介 (俳優)

戦後まで満州にいた私は、国共内戦の影響を受けた。
同じ民族が権力闘争し、前線での悲惨な生々しい人間ドラマは感涙を呼ぶ。
■宝田 明 (俳優)

中国・人民解放軍と国民党軍の凄絶な戦い。
部下を失った一人の連隊長の人間ドラマが観る者の胸を撃つ佳作だ。
■鳥越俊太郎 (ジャーナリスト)

たった一人の戦争だ。しかし、主人公グーさんが握りしめているのは、
銃と弾丸ではなく、仲間に届ける名誉と花束だ。 
■内藤剛志 (俳優)

国共内戦で戦死した部下の名誉回復のため闘う元上官がえぐる
中国の革命と権力の深部。それは無数の悲しみ。 
■萩谷 順 (ジャーナリスト)

戦争ほど残酷なものはない。人間とは実に愚かな生きものである。
この非業の中、尊い命を落とした者達はどんな思いであったろう。
中国吉林省で生まれた僕は、わが身に置き換えてこの戦士達を見た。
感銘深い映画に久しぶりに会えた。 
■板東英二 (タレント)

トランス状態の戦場シーンは圧巻!
グーさんの小さな戦いは大河へ還る。
■風吹ジュン (女優)

国を信じて戦場に行かされ、結果、無名戦士として葬られる悲しさ。
何故、人間はその愚かさに気づかないのか。
ぜひ多くの人に見てほしい。 
■みのもんた (司会者)

すべての戦争映画を超える凄絶な戦闘シーン、劇的な名誉回復への道、
真実の重みに圧倒されました。 
■宮川俊二 (キャスター)


********************************************

監督:フォン・シャオガン(『イノセントワールド-天下無賊-』『女帝[エンペラー]』)
キャスト:チャン・ハンユー/ドン・チャオ/ユエン・ウェンカン/タン・ヤン/フー・ジュン
2007年/中国映画/原題:集結號/上映時間:124分

公式サイト http://requiem-movie.jp/


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

りんぞうさん 

中国の歴史音痴なmonicalは映画で勉強させてもらうことが多すぎます(恥)。あ、日本の歴史も音痴ですが(大恥)。いずれにしても、こういう作品を観た人の理解が少しでも深まれば監督も喜ぶでしょう。

 

こんばんは。
この作品は、東京国際映画祭で見てきました。
緊迫感のあるシーンの連続や、中盤から後半にかけてのやりばのない思いに、見終わった後はやはり辛かったかな。

主演の張さんがいいですよね。
重たい題材ですが、たくさんの人に見ていただけるといいですね。
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【【香港】 映画のイチバンは《渺渺 MiaoMiao》でした】へ  【【香港】 おひとりさまの朝ごはん】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。