スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←今日が私の最終日(たぶん) →『親密』握手会で締め。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

東京国際映画祭2008

終わりよければ・・・ 『愛の十年』

 ←今日が私の最終日(たぶん) →『親密』握手会で締め。
『愛の十年』を観ました。
これはプレス向けのID上映がなかったために、やっと念願?かなって一般の観客と一緒に鑑賞。
ってそのチケット取るために朝の9時から六本木ヒルズ(苦笑)。

monical的には・・・

泣きたくなるほど大満足

これが中国のお声がかりで製作された返還10周年記念映画の1本である、というのが、どうにも“やるせなかった”ですが…

オムニバス9本は、それぞれに香港の違う場所を舞台にしよう、という話し合いが最初にプロデューサー、監督たちの間でなされたそうです。
なるほどー、だから香港の町のいろんな顔を見る事ができて、monicalは楽しかったんだーーー。
下に挙げるそれぞれのタイトルは、真っ暗な中での殴り書きメモなので正確じゃないかもしれません。

1本目『オールド・ピーク・ロード』 @ミッドレベル(半山区)の億ション
2本目『道ははるばる遠く 卵は真っ赤』 @灣仔(ワンチャイ)クロス・ストリート
3本目『依然 夢はある』 @病院内(スタジオセット)
4本目『清芳(チンフォン)』 @離島?の道・公園
5本目『ライオン・ロックの下で ライオン 山を下りる』 @獅子山(ライオン・ロック)が見える家&ヴィクトリア・ピーク
6本目『遠望』 @(不確か)中環(セントラル)または金鐘(アドミラルティ)あたりのカフェ
7本目『ダンボールパパ』 @下町の集合住宅(の屋上とか)
8本目『最終入札価格』 @高級ホテルとオークション会場
9本目『食事にしよう』 @中産階級が住むマンションのとある世帯


①と⑨は、まんま長編になりそうな内容でした。

①は10年前に結婚、5年前に経済的事情から億ションを人に貸して別居していた夫婦が、その億ションをローンが残ったまま売りに出すことになり、偶然その部屋で再会する、というお話。

⑨は、4人兄弟が、両親との同居を巡って兄弟げんかを始めるお話。
最終的には「親にはかなわん」「家族を大切に」系、どんなに罵り合っても家族は家族というオムニバス巨編(笑)をしめくくる「道徳的」なラストで(笑)。

あまりにあやふやな気づきで、ティーチインで質問するのがはばかられ、謎のままですが・・・

『マクダルの物語』(未だ日本未公開)の監督、トー・ユェンさんの『ダンボールパパ』に登場した二人の子役、彼ら、マクダルの声優の子供たちのような気がしたんですけれど・・・。

オーブリー・ラム監督に「ベテランの観客ですね」と質問してお褒めの言葉を頂戴しましたが、
オーブリーさん、ニコリとも笑わなくて怖かった~~(笑)。

元BOY'Sの張致恆(スティーヴン・チョン)もエンジェル・ホーも、
とてもステキでした。ちっとも貧相じゃなかったです(爆)。

スティーヴンはいい俳優になるかも・・・
『香港国際警察』で町のかっぱらい役を演じた時は、すぐ消えると思っていたんですが(ナイショ:笑)。

これから渋谷へ移動します。
『親密』のティーチイン取材。

その前にランチしなくちゃ・・・


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

 

こんにちは。
この作品、シネマートの方で見ました。有給休暇を取って当日券を確保した甲斐のある、楽しい映画だったと思います。個人的には「ライオン山を下りる」が大好き。しかしSARSで引きこもりになった女の子が、あの可愛らしい女優さんだったのには、ティーチインの会場がどよめいていました(笑)
香港が過ごしたこの10年が、小さなエピソードで象徴されたり、短時間にイベントが凝集されたりと、映画技法としてはとても凝っている映画だったと思います。ラストの「開飯」は、ワンカットで撮ってるんですね。自分がトチると最初からやり直しなので大変だったというスティーブン君のコメントがありました。

思い立って出待ちをして、ゲストの方々全員からサインを頂きました。オーブリー・ラム監督もニコニコしていて、握手もさせてもらいましたよ。

 

こんにちは。
当日私も会場で観ました。凄く興味深い作品ばかりで大満足でした!
あの鋭い質問は、もにかるさんでしたか。さすがですね~。
確かに最初と最後の作品は長編でも面白いな~と思います。

そして、オーブリー監督は怖かったです・・・
ちょっと質問したいことがあったのですが、あの雰囲気では聞けませんでした。

その後に「生きていく日々」も観ました。本当にしみじみと心に染みる作品でした。

これだから香港映画は奥が深くて目が離せません。
映画祭中はお疲れ様です。明日からのレポを楽しみにまっています!

はじめまして。 

monicalさん、はじめてコメントかきます。
今日私もその場に参加していました。
あの言葉はmonicalさんにあててだったのですね?すごいなぁ~と思いながら聞いていました。
私もメモしていたんですけど明るくなってびっくりwな、ぐちゃぐちゃさで読めませんでした^^;
オムニバス、いろんな要素で楽しかったですね。
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【今日が私の最終日(たぶん)】へ  【『親密』握手会で締め。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。