スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←『カンフー・ダンク!』の字幕版はいったいどこで??? →謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、ブログで息子にプレゼント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日本タイトル 「ら」行

『レッドクリフ』 完成披露試写会@C.C.レモンホール

 ←『カンフー・ダンク!』の字幕版はいったいどこで??? →謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、ブログで息子にプレゼント
金曜日の夜は『レッドクリフ』の完成披露試写に行ってきました

試写会でC.C.レモンホール(昔の渋谷公会堂)というのは初めてでしたが、客席の規模に比べてスクリーンがとても小さくて残念だったなぁ。あんな超大作なのに。
最近メガネの度も合わなくなってきている、という個人的事情も大きく関係しているんですけどね(苦笑)。

結論= 145分、面白かったです じゅうぶん楽しめました。

たいがい面白くても簡単に睡魔に負ける(だから試写を何度も見るハメになる)根性無しのmonicalが寝ずに済んだのは、あれこれ本を読みかじって予習しておいたからだと思います。

特に映画が始まる3分前に客席で読了した「周瑜」(PHP文庫)の最後1/3が役に立ちました(笑)。・・・どこまで得意な低空飛行のギリギリセーフ・・・

周瑜=梁朝偉(トニー・レオン)
孫権=張震(チャン・チェン)
小喬=林志玲(リン・チーリン)
諸葛亮(孔明)=金城武
曹操=張豊毅(チャン・フォンイー)
趙雲=胡軍(フー・ジュン)
劉備=尤勇(ヨウ・ヨン)
甘興(甘寧がモデルらしい)=中村獅童


 これを書いたメモをしおりにしながら読んだのは大正解でした(爆)。

自慢じゃないけれど、本当にこうでもしないと登場人物の多い歴史小説が苦手で苦手で。

登場人物の特徴…人徳とか行動力とか性格とか…は、何冊かの本の通りだったから面喰いませんでしたし。(あ、小喬は本ではもっとお転婆っぽかったです)

だからと言って、皆さんに「映画の前に予習を」強く勧めるものでもありません。お話が複雑じゃないからです。
誰が敵で誰が味方かわからん、ということがありません。映画で取り上げられている赤壁の戦いの部分においては誰も寝返ったりしないから。

とにかく本当に前代未聞のお金のかかり方というのに圧倒されます。
よく、こんな映画を作るよなぁ、ビビりもせずに…って正直思いました。
その勇気だけでも拍手ものです。
ゴージャスで上品(ウーさんらしいわぁと)。血ドバも適度(爆)。

誰のキャラが特別目立っているわけでなく、とても均等に役柄が描かれている、という印象。出番の長さはまちまちなのに、です。
冒頭で思いっきり主役を張る彼(敢えてここでは言わないでおきます)、格好よかったぁあああ


映画が終わってから、プレスシートを読みました。

そこに呉宇森(ジョン・ウー)監督の言葉が載っています。

『レッドクリフ』のテーマは、「勇気」「友情」そして「愛」です。

そうかなぁ(笑)

いえいえ、否定しているのではありません。
ただ、monicalはこの一文から真っ先に、残念ながら日本公開の噂もきかない陳可辛(ピーター・チャン)監督の『投名状』を連想してしまったんです。
「勇気」「友情」「愛」、つまり人間性を掘り下げる描き方は『投名状』の方が深いと。

monicalだったら
『レッドクリフ』は乱世に生きた男たちの“義”がテーマ
と言いたいところ。(すみません、監督…笑)

戦のシーンは本当に素晴らしい。
今まで見てきた大監督たちの作品…張藝謀(チャン・イーモウ)の『HERO』『王妃の紋章』陳凱歌(チェン・カイコー)の『PROMISE』徐克(ツイ・ハーク)の『セブンソード』とはアクション設計がまるで違います。 

クレジットされている動作導演(アクション監督)は元奎(コーリー・ユン)ですが、ご存じのようにこの作品は諸般の事情からまるでスケジュール通りに撮影が進まず、スタッフの多くが契約期限切れになったりして、当初の林迪安(ディオン・ラム)からコーリーにバトンタッチされたと記憶しています。

だからこの、とても斬新なアクション設計が誰によるものなのか不明なのですが、とにかくとても新鮮でした。コーリーによるものだとしたら、間違いなく代表作になると思います。

これはmonicalの偏った見方かもしれませんが、日本の時代劇の殺陣とか歌舞伎の様式とかを多々取り入れているように見受けました。

それから大丈夫かしらーと心配だったスクリーン・デビューの林志玲(リン・チーリン)。全然問題なし。本当に美しいです。監督、上手に使ってます



うーん、細かいことあれこれあるのですが、
皆さんにはmonicalと同じようにできるだけピュアな状態でこの大作のすごさに触れていただきたいので、この辺にしておきます。

間もなく来日会見もあります。
さて、どんなエピソードが飛び出すかな?

ってゆーか、気分が盛り上がっている間にさっさと後編を公開して欲しいと切望します。

『レッドクリフ』は11月1日(先だなぁ)全国公開。
公式サイトhttp://redcliff.jp/index.html


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

名無しの権兵衛さん 

『投名状』、ひところ動きもあったようなんですが、その後とんと配給が決まったという話は入ってきていません。めちゃくちゃ高いらしいです。「レッドクリフ」のように日本の資本が入っていないから…

 

ご覧になったのですね!うらやましい……。私も早く見に行きたいです~。

実は、監督が『赤壁』のテーマは「勇気」「友情」「愛」……とおっしゃってるのをを聞いて、私も『?』となってました(^_^;)。個人的には『乱世の男たちの生きざま』的なものを見たいかな。もちろん作品の中には、そのあたりも盛り込んでいると思いますが。

そういえば『投名状』は日本で公開されるのでしょうか?首をながーくして待っているのに~(T_T)

ボンズさん 

ウーさんらしさ、というのを本当に感じられる作品ですよね!
俳優の役作り、監督の演出によって歴史上の人物の描かれ方って実に様々。すべては総合芸術の中のバランスなので、なかなか比べにくいところです。あとは単純に好みの問題(笑)。

私も観ました! 

香港で観ました。三国志演義に親しんでいるファンとしては、お約束どおりのところと、大胆な独自解釈部分のミックスがすごく興味深く、オリジナル部分にジョン・ウーらしさが出ているなあととても感心しました。本来は、駆け引きと裏のかき合いの赤壁の物語に、「友情」を強引に導入しているのが、ウー監督らしいというか。トニー・レオンと金城武のとぼけたやり取りに、香港人は大喜びしていましたよ。上映後も皆笑顔でしたよ。
「投名状」は愛と勇気と友情というよりも、人間のどろどろした部分に踏み込んでいて、そこがピーター・チャン本領発揮、のような気がしますけれど(あくまで私見、ごめんなさい)。
4月に公開された「三国之見龍~」で、アンディ・ラウがまさに、「赤壁」最初でかっこいいあの彼と同じ役だと思いますが、もにかるさんはそちらとの比較はいかがですか?

momomoさん 

monicalも香港に観にいこうかと思いましたが、セリフが絶対理解できないと思って日本の試写を待ちました。台湾の観客の反応はどうだったでしょう…。日本でもヒットしますように!

観ました! 

先月中旬台北に遊びにいったときにこの映画を観ました。

とんでもないスケールの映画で、お話も分かりやすくて、あっという間に「後編に続く」・・・。
来年までなんて待てません~。



管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【『カンフー・ダンク!』の字幕版はいったいどこで???】へ  【謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、ブログで息子にプレゼント】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。