スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←せっせと字幕 →《東邪西毒︰終極版》 カンヌで上映
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

エンタメニュース拾い読み

吹き替え版上映館急増

 ←せっせと字幕 →《東邪西毒︰終極版》 カンヌで上映
きのう字幕作業について書いたら、今朝「めざましテレビ」で若者の字幕離れが原因で、吹き替え版の方をかける映画館が増えている、という話。字幕版の場合もできるだけ簡潔に、少しでも日常的に慣れ親しんでいない漢字にはルビをふる、という傾向だそうです。

たまたま先日、映画雑誌編集者さんからもそんな話を聞いていたので、映画ファンとしては「・・・・」な気分です。

字幕を読むと感情移入できない、という、まぁ理解できる理由はまだしも読むのが面倒という理由もあって、なんだかなぁ。

そういえば香港映画も昔は吹き替え版なんてテレビで見るものだったのがいまや劇場で見られる時代です。

吹き替えは字幕より情報量が2割近く多いですからそれなりに利点もあり、monicalは字幕版を見てから吹き替え版を見るようにしています。あ、DVDになってからの話ですが(笑)。
劇場でわざわざ吹き替え版を見たのは『少林サッカー』『頭文字D』ぐらい。

幸か不幸か、香港映画は濃いファンが多いので、出演者の生の声や飛び跳ねるような広東語の音感とリズムも大きなお楽しみのひとつそれを配給会社もわかってくれている(はず)と思います。

人づてに聞いたのですが『ミラクル7号』もあちらは北京語版を売りたかったようですが、「何がなんでも広東語吹き替え版で公開を」という意思が日本側で働いたそうで。この作品に限っては、オリジナル北京語版と広東語吹き替え版、どっちがどうってビミョー(笑)。ま、どちらもシンチーの生声が聞けますから、マニアは現地DVDも必携なのかもしれません。
【追記 訂正】 北京語版の声はシンチーじゃないそうです。情報をくださったゲストさん、ありがとうございます!

monicalの場合、DVDのための字幕翻訳が多いので、“一時停止できるから”を言い訳にほとんどの場合、制限文字数を数文字オーバー、時代と逆行しています(苦笑)。

で、現在鋭意翻訳中(遅遅として進みません)の『熱血弁護士』 。
昨日も書きましたが、Mr.Booシリーズの故・広川太一郎さんのように、天才的なセンスで楽しい吹き替え版が作れるなら見てみたい気がします。
先日新聞で、広川さんはその吹き替えのために膨大な時間を費やして全身全霊でギャグを考える、とにかく真面目な人だった、というような記事を読みました。そのバトンを引き継げる声優さんはいるのかなあ。山寺さん?

【追記】 世界のスタンダードは“吹き替え版”なんだそうです。


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

絶対字幕! 

字幕を読むのが面倒とか、画面に集中したいとか、内容をより理解したいとか理由はいろいろあると思いますが、私も生声が聞きたいし、吹き替えになったら、その俳優の"演技"ではなくなってしまうのがイヤです。話題作りのために(?)有名なタレントや俳優を起用するのもイヤですね。
でもこんなに字幕にこだわるのは日本人ぐらい??

 

私も字幕派です!
『頭文字D』は私の地元では日本語吹き替えしか上映しておらず、広東語が聞きたかったのに~…とガッカリしながら見に行ったものです。

チャウ・シンチー迷としては、チャウの声は彼の魅力の一つだと思うのでやっぱり本人の声で見たいです。
シンチーの映画は特に訳が難しいとお察ししますが、シンチーの魅力とおもしろさを分かっていただいてるmonicalさんに担当していただいてとても嬉しいです。
字数制限が大変だとは思いますが、日本語訳で見れる事をなにより楽しみにしていますので、何卒よろしくお願いします。v-353

 

私も字幕派です!
やはり、演じた俳優さんのしゃべり方だったり、言葉の音を楽しみたいですし。

今は吹替え版を見る方が多いんですね。知らなかったです。
有名芸能人が声優したりするし、お金もかかってるのかな( ̄^ ̄)

 

通りすがりですが…
アメリカで吹き替えが主流なのは、識字率が一因と聞いたことがあります。
欧州にしても、それぞれの国の事情があるのではないでしょうか。

そうなんですよねぇ~ 

頭文字Dは両方観に行きました。
ミラクル7号の前売券を買いましたが、多分観に行こうとしている映画館は、吹き替えだと思います。でも行ける範囲だったら、字幕を観に行こうと思っています。

 

欧州も吹き替えが多いですね。
オランダだかスペインだかで、英語の映画だからと思って入ったら、現地語に吹き替えられていてめげた記憶があります。
俳優の生声を聞きたい私としては、字幕がなくなったら、楽しみが半減してしまいますよ。
それに、私の好みは別にしても、「なんでも面倒くさいですまして、それでいいのか、きみたち!」って感じです。

字幕派 

私は字幕派です。
かなり以前、どこかで聞いたことがあるのですが、
アメリカでは、外国映画は吹き替えが一般的だったらしいです(今は知りませんが)。
字幕なんか読んでられない!というお国柄なんでしょうか。
「男はつらいよ」の英語吹き替えを以前テレビの副音声でやっていたのでズッコケました。

最近だんだん大人向けの映画にも吹き替えが多くなっているなと思っていましたが、monicalさんが言われるような背景があったんですね。

吹き替えでは、ジャッキーの石丸さんが好きです。ジャッキーのコメディで石丸さんの声だと、その声を聞いた時点でなんだか笑えます。
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【せっせと字幕】へ  【《東邪西毒︰終極版》 カンヌで上映】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。