スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆今日は何の日◆2007年11月26日(月) →◆今日は何の日◆2007年11月27日(火)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日本タイトル 「ら」行

『ラスト、コーション』 2月上旬公開

 ←◆今日は何の日◆2007年11月26日(月) →◆今日は何の日◆2007年11月27日(火)
 なんだか今日が映画祭のクロージングみたいでした(笑)。 『ラスト、コーション』158分の披露試写会に行ってきました。公式サイト http://www.wisepolicy.com/lust_caution/

いやぁ面白かった~
 しまった飲み物を買ってこなかったと一瞬後悔しましたが158分なんてアッと言う間。あと60分ぐらい観てもよかった感じ(爆)。

 とにかくキャスト全員の熱の入れようったらありません。上っ面の演技ではなく、それぞれの役柄のなんたるかを理解し全身で(頭も)消化している迫力でした。
 梁朝偉(トニー・レオン)のすさまじいまでの役への没頭ぶりは毎度のことですが、今回は今までにない役柄。やや老けたメイクを施しているそうですが、なにしろ役になりきっているので全く違和感ありません。
 そしてこの作品で一躍世界中の注目を浴びることとなった、10000人の中から選ばれたという新人女優、湯唯(タン・ウェイ)。そのキャリアから考えたら彼女の凄さは「凄い」を超越しています。それもこれも李安(アン・リー)監督のお陰だと思いますが、ここまで完璧にやりこなしてしまうと、ある意味別の監督の2作目がプレッシャーだろうなーと心配してしまいます。老婆心(笑)。
 王力宏(ワン・リーホン)にとっては間違いなく彼の代表作になるでしょう。編集段階の最後に彼の出演部分を増やしたそうで、つまりそれほどこの作品の中で主人公(タン・ウェイ)の人格形成に重要な役割を担い立派に果たしたことの証だと思います。
 決して大きな役ではない陳冲(ジョアン・チェン)や庹宗華(トゥオ・ツォンファ)、柯宇綸(クー・ユールン)までもが歴史の重さをしっかり背負っていました。アクション設計を担当している錢嘉樂(チン・カーロ/チェン・ガーロウ)も彼だからこそのインパクト大の登場…。

 会場でもらったプレスシートの中でジョアン・チェンがこう語っています。“今回の経験で、脇役を演じる手法を(監督から)教わりました。出演するシーンの全てで、自分の役が主役であると仮定することで、その役に生命力と広がりをもたせることができたのです”
 また、スタッフ・キャストの誰もが口をそろえて“アン・リー教授のいる演技学校で毎日授業を受けているよう”とも。
 ものすごく納得しました。俳優たちの努力の跡には胸が痛くなるほどでしたから。全員が完ぺき主義を全うしたという印象です。

 それから、今まで1930年代の上海というと、あの作品やこの作品(笑)で同じセットが登場して“かわり映えしないよなー”とテンション下がったものでしたが、『ラスト、コーション』では莫大な費用を投入して新しいセットが組まれています。それもまた見もの。monical的に嬉しかったのは、当時の香港も再現されていたことです。

 物語や詳細については、今日のmonicalのように“何も知らないで”(笑)観たほうが感動が大きいと思いますので、ここではこれまでにしておきます。どうしても知りたい方は各自情報収集してくださいまし(笑)。

 始まる前の説明では、来年2月上旬公開とのことでした。あ、上映前のBGMは中孝介(あたり・こうすけ)のイメージソングではなく、この作品にインスパイアされてリーホンが作った「落葉帰根/Falling Leaf Return to the Roof」が流れて嬉しかったです。


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

shさん 

うふふ、きっと“指輪”が間に合わなかったのかも~ リーホンの歌がどこかで流れることを願って。

前売り鑑賞券 

前売り鑑賞券の発売初日にシャンテシネで買いました。夕方に行きましたが、特典は終わって引換券を貰いました(12/1から引き替え)。窓口のお嬢さんとは「売れ行きが良いんですね」と話しましたが、もしかしたら劇場に用意されていなかったのでは?(笑)。

私も劇場で王力宏の歌を聴きたいのに・・、絶対に流れないんですよね、未練がましい私デス。

さゆさゆさん 

とにかく痒い所に手が届くような監督さんらしいです(笑)。来日会見、行けないかもしれないんです、ちょっと仕事の都合で(涙)。悪あがきはしているんですけどね。

 

アンリー監督はすばらしいですね!
監督や編集する人によって良くも悪くもなりますよね。ブロークバックマウンテンでジェイクギレンホールが注目されたように、俳優の才能を開花させる事の出来る数少ない監督だと思います。来月にはPRで来日ですね!もにかるさんも行かれるんですよね。
うらやましいーーー

名無しの権兵衛さん 

あはは、そりゃ2/9が初日ですね。1月下旬はないと思います。いわゆる一般試写会(抽選)はあったりするかもしれませんが。映画館って意外と早くスケジュール出しちゃったりするんですね。

2月9日 

ヤバイ! 超観たい!!
もにかるさんの援護射撃で一気に期待値が上がっちゃいましたww
さっき、たまたま公式サイトを観てたら公開日がどこも〝正月第二弾〟って表記されてたんスけど、自分の地元の船橋の映画館のトコだけは〝2月9日〟って表記されてました……
一体、何故に?? (笑)
他の都内の劇場とかだと1月中に公開されたりもするのかなァ(?_?)
とにかく早く観たい!!
来年もトニー・レオンに打ちのめされそうッスww
秋には日劇1系で『レッドクリフ』もあるし……♪♪

零さん 

リーホンの出演部分を増やしたことで、物語にぐんと深みが出ているのは確かです。リーホンの存在でタン・ウェイのキャラが際立つのですから。

chibiさん 

アクションシーンが多いわけではありませんけれど、あの役は彼だからこそ、と納得。経験値が違いますものねー。

2度目まして(笑) 

monicalさんの記事を読ませていただいて鳥肌が立ちましたっ!
そうですか!
そんなに良かったですかぁ!!
力宏、色っぽかったんですね(笑)
今から上映されるのが待ち遠しいです♪
できることなら、私も力宏の“落葉帰根”を劇場で聴きたかったです…。

>chibiさん
私も力宏ファンです^^
台湾まで観に行かれたなんて、すっごくうらやましいですわぁ~

カーロさんが 

アクション設計も担当だったのですね。映画を見る前からかなり期待していたので登場したときは一人で盛り上がってました(爆)2ヶ月近くたってるのになんだかmonicalさんのブログの影響で思い出して興奮してきました(大爆)本当に膨大な労力を惜しまず関わった人たちが真剣に作り上げた映画なんですね。わたしなんか印象が全然薄れていませんもの。

chibiさん 

いらっしゃいませ!
いやー、マジでリーホンくん、良かったです。色っぽかったです。ものすごく微妙な表情ができてて。すっかりアメリカンな匂いが消えてました(笑)。

試写会、いいな~ 

うらやましいです!!

リーホンファンとしてはmonicalさんのコメント、あまりに的確な表現で嬉しくなってしまいました。
本当に素晴らしい映画だと思います(わたしは台湾まで見に行ってしまった 笑)字幕で早くみたい。1月末だと思っていたのですが2月になってしまうのですね…。
「落葉帰根」が流れていたなんて想像しただけでもジーンときます。
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【◆今日は何の日◆2007年11月26日(月)】へ  【◆今日は何の日◆2007年11月27日(火)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。