スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆今日は何の日◆2007年11月10日(土) →《風雲・續集》が2本?! のその後
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日本タイトル 「か」行

『花蓮の夏(盛夏光年)』

 ←◆今日は何の日◆2007年11月10日(土) →《風雲・續集》が2本?! のその後
stills_eternalsummer.jpg 夏の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭では「永遠の夏」のタイトルで上映された台湾のみずみずしい青春同志片(同性愛映画)です。女性を対象にしたいわゆる“やおい”系ゲイ・ムービーではなく、誰だって経験する青春の日の迷いや怯えが実に細やかに優しい目で描かれた秀作。台湾って青春群像劇の秀作が多いなぁ、という印象。たいがいはずしません。 
 monicalが台湾の青春映画に最初に出会ったのは蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『青春神話(青少年哪吒)』(92)だったと記憶しています。バブルに浮かれる台北の街に生きる3人の若者の孤独や絶望、焦り…そんなものをクールな視点で描いていました。そもそも殆ど台湾映画というものに触れていなかったビギナー時代だったので、台湾映画の実力にすごーく驚いたものでした(笑)。 

 一方この『花蓮の夏』の監督、陳正道(レスト・チェン)さんの作品はVCDで《宅變》という文芸ホラーをだいぶ前に見ただけなんですが、よもやこういう青春映画を撮る人とは当時思ってもみませんでした。でもなんかこう、映像の美しさは共通するものがあると、LG映画祭のあとになって思いました。
 そしてついアクションやお笑いやベタアマなロマンスに走りがちな(汗)香港の青春映画とは一線を画すこの路線こそ、台湾映画の真骨頂であるとしみじみ感じます。 

 『花蓮の夏』の3本柱、張睿家(ブライアン・チャン)、張孝全(ジョセフ・チャン)、淇(ケイト・ヨン)は、3人が3人ともいいですねー ブライアンとジョセフのあの微妙な距離。戸惑いと焦燥、疑惑、苦悩。もちろん燃える想い。ゲイの友人に聞いたら「感情の動きは本当にリアルだった。ゲイの誰もが経験していること」だそうです。
 monicalはおのずとケイトの役柄に感情移入してしまいます。なんだか本当に切なくていじらしくて。こういうこと、実際にあるのかもしれないと思わせました。もともとmonicalは張艾嘉(シルビア・チャン)監督の『20,30,40』でケイトに痺れましたもので。そう言えばあの時はS(エス)の役でした~(爆)。彼女には何かジェンダーがらみのキャラをイメージさせるものがあるんでしょうか。

 みずみずしい青春ラブストーリー『花蓮の夏』は本日よりユーロスペースで公開です。
公式サイトhttp://www.karen-natsu.com/


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

りんぞうさん 

台湾には“青春映画”の確固たる土壌が培われているような気がします。若い俳優たちの素人っぽさが生かされて、みずみずしくも切ない、そんなところがグッときますよね。

やっと見てきました 

確かに同性愛を扱った映画ではあるけれど、それだけをとりあげてほしくない映画でした。3人の間にある『一瞬で壊れちゃいそうな微妙な距離感』が、ホントにせつない。

台湾映画って、画面に映し出される風景が美しくて、登場する人々の心の動きがこまやかですよね。
ちなみに、私が初めて見た台湾の青春映画は『藍色大門』でした。こちらも好きな映画です。
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【◆今日は何の日◆2007年11月10日(土)】へ  【《風雲・續集》が2本?! のその後】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。