スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←周杰倫(ジェイ・チョウ)武道館プレオーダー明日から →◆今日は何の日◆2007年11月5日(月)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

東京国際映画祭2007

「マッド探偵」 @シアターコクーン

 ←周杰倫(ジェイ・チョウ)武道館プレオーダー明日から →◆今日は何の日◆2007年11月5日(月)
20071103165516.jpg 【マッド探偵】 
 カラー/89min./35mm/中国語
 監督:ジョニー・トー/ワイ・カーファイ
 エグゼクティブ・プロデューサー:チャールズ・ヒョン
 アドミラストラティブ・プロデューサー:ティファニー・チェン
 プロデューサー:ジョニー・トー/ワイ・カーファイ
 脚本:ワイ・カーファイ/オー・キンイー
 編集:キャサリン・シー
 音楽:グザヴィエ・ジャモー
 出演:ラウ・チンワン/アンディ・オン/ラム・カートン/ケリー・リン

20071103170317.jpg 警察から盗まれた銃による連続殺人事件が勃発。捜査官のホーは人間の内面が透視できるブンに協力を依頼するが…。ジョニー・トーの最新作。ヴェネチア映画祭コンペ出品。(以上公式サイトより転載)


 あ~~、“好み”という意味では今回の映画祭のダントツNo.1でありましたなんと申しましょうか、理解と不可解の真ん中を漂っている自分に酔いしれていました(爆)。もともと非常に感覚的にしかモノを見ない性格なので(細部のツッコミを入れられないタイプ)、日に日に“脱帽です、ジョニーさん”的印象が残るばかりで詳細の記憶が(苦笑)。
 これも香港よりずっとずっと早く観られたわけですから御の字なんですけれど、あのおびただしい数のキャスト、「鐡三角」とごっちゃになっちゃって~~
 えっと・・・
 元は名刑事も今じゃ精神に異常をきたして奇行ばかりが目立つ劉青雲(ラウ・チンワン)でしょ、 その奥さん(この人もかなりアブナイ)が林煕蕾(ケリー・リン)でしょ、あ、そう言えば陳慧珊(フローラ・チャン)も出てきてもっとビックリしたっけ(マッド探偵の元妻だった?)…(この人はテレビのニュースキャスターから女優に転身してドラマでブレイク、離婚後に急に人気が落ちちゃった人です…
xin_5307020511392802216518-s.jpg  084231839_s.jpg  110928392_s.jpg
 

 彼を英雄と尊敬する相棒の部下に安志杰(アンディ・オン)でしょ、アンディ・オンの鬼に最後いきなり谷祖琳(ジョー・クー)がワンシーン出てきてビックリしました… 
1_0636025138-s.jpg  09405187_s.jpg
 

 ラウチンが異様に執着する男が林家棟(ラム・カートン)で、彼には7人の鬼がついている…
林雪(ラム・シュ)張兆輝(チョン・シウファイ)劉錦玲(ラウ・カムリン/「アンディ・ラウのスター伝説」の相手役)と…あとは誰でしたか?
002-s.jpg

     
images.jpg  004-s.jpg  202174488586665-s.jpg
 
 何華超(トニー・ホー)も出てたような気がするのは幻?いやそれは「鐡三角」?もしかして彭浩翔(パン・ホーチョン)の方???(笑)

 まぁ、観ながらどんどん登場する人たちが全部“鬼”なんだろうと想像がついたからいいようなものの、ジョニー・ワールドを理解していない人は、ベネチアの記者たちみたいに10分もしないうちに劇場を出たくなっちゃったかもしれません そういう特殊な作品でした。
でも大好き~~(しつこい)

 monicalが好きなのには複線があります。日本で紹介されていないのですが、ジョニーさん×ラウチンの95年の作品に《無味神探》というのがあります。これが大好きな作品だったもので。ここでお話を紹介すると長~くなるので、YesAsiaの 商品ページをご覧ください。
 その作品では、確か犯人を追い込んだ時に頭を撃たれて味覚を失ってしまった刑事の“愛の物語”になっていたんです。“病んだ名刑事”というキャラがかぶっていたので、久々再びラウチンを起用したのは関係があるのか偶然なのか聞いてみたかったです~。ってそんな質問したら会場ドン引きするのは当然ですから、ティーチインでは「同じシーンをいろんな俳優で撮りなおして、映画2~3本ぶんの労力だったんじゃ?」「監督の中には何人の鬼がいますか」と最前列プレス席から質問しました。

 本当はティーチインの模様もここにアップするつもりでいましたが、頭がホトホト疲れました(笑)。また改めて(そればっかりで…汗)


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

hoppenさん 

ヘビー葉巻スモーカーのジョニーさん、たいした貫禄ですよね。でもツイハークさん、リンゴラムさんより(お腹のメタボ度はいちばんだったけど)背が小さかったのに驚いたmonicalです(笑)。 

私も、好きです~ 

ティーチインの記事、TBさせていただきました。
『マッド探偵』、ジョニトーの進化形を見た気がしました。
満喫!
役者さん、いっぱい出ているんですね。
香港映画は、まだまだ、初心者状態なので、ラム・シューくらいしかわからなかったのですが、
こちらの記事で、じっくり勉強します。
『マッド探偵』のあと、salleanaさんとともに、渋谷の街でジョニトー監督に遭遇し、サインをもらったんですが、
手には、葉巻を持ってらっしゃいましたよ。
さすが、ノワールな監督です。

わいさん 

ジョーは6月に弟が自殺して、もう復帰はしていますが気の毒で。
私もすでに頭の中ゴッチャゴチャです。ジョニーさん2本とパン・ホーチョンを立て続けじゃあ(苦笑)。

谷祖琳と劉錦玲 

谷祖琳は「私の胸の思い出」にも出ていたけどきれいで女性っぽくなりましたね。
友達に「去年の花火は特別多かった」に出てた人だよって言ってもそれでもその友達は思い出せなかった(笑)。
劉錦玲は林家棟の別人格だったのかな?
古天楽の彼女っていましたっけ?
なんかいろんな映画がごっちゃです。劉錦玲って最近映画とか出ていたのでしょうか?
出エジプト記の女優さんといい、華仔が若かった頃の女優さんががんばってるとうれしいです。
おやじはねえ、ほんと続けたら殴りたかった(苦笑)。

わいさん 

あはは、安志杰のことですね、確かに。ちなみに劉青雲も英語名はアンディ(爆)。カムリンの登場に「!」というのは覚えていますが、もうシーンは遠い記憶です(汗)。“耳切りシーン”で笑う・・・困るなぁ。ま、トーさんもやるねぇって気分だったんでしょうか。静かになってよかったですね。最後までそれじゃ殴りたくなります。

谷祖琳は 

>えっとアンディがらみは谷祖琳じゃなくて劉錦玲です。
ゆきずりさんのおっしゃるアンデイがらみってのはアンデイラウではなくアンデイオンの別人格のことではないでしょうか?
ちなみに劉錦玲はどのシーンに出ていたのか思い出せないのですが、なんの役でしたでしょうか?

私のまわりにの席には香港映画マニアっぽい
年配の男性が数人いて、映画のはじめから
おもしろくないシーンで笑う笑う。耳切りシーンで大笑いしてるのはなんだかすごく違和感。
「俺はジョニートーの映画をよくわかってる。だから楽しんでるんだ」とアピールしてるみたいでなんだか不快。でも本人たちも自分たちの場違いな行動に気づいたらしく途中から静かになりました。

safraさん 

東洋と西洋の文明(宗教も含めて)の違いの中にはどこまでも理解が平行線ってことがあるんでしょうね。「黒社会」の時もゾロゾロ出て行ったそうですから(笑)。この作品についてはカーファイ監督の方が語っていてトー監督は受け売りっぽいことに気づきました(爆)。safraさんの読みは正しいと思います。

 

感想は一度書かせていただいたのですが、10分で退席者が出るって…そんなに分かりにくいかなあ、と思う日本人(笑)。10分だと耳がアウトだったのかな?
高い感情移入能力と幻視力、それは祝福であり呪いである…というのは異能のヒーロー物には良くある設定。でも、誰もが持つ「別の側面」を「憑物」として描く発想は、香港映画独自の切り口だと思います。リアリティレベルのぶち壊し方からも「マッスル・モンク」とは近縁の作品、ヒロイズムの悲劇をドラマチックに描くのは、シニカルさが際立つトー親分よりも、相棒であるワイ・カーファイ監督の持ち味なのかもしれません。謎の南アジア人(インド人とか)は、カーファイ監督の「徴」ですね(笑)

どのシーンにも忘れがたい強い印象があるのですが、ラウチンと「見えない奥さん」のバイクシーンが切ないです…「お前は別人になった」ってのがああいう風に具体化して見えてしまう神探の痛みと苦しみが、後からじわじわと効いて来る感じです。

ゆずきりさん 

杜峰×劉青雲のタッグは積年の期待を背負っていました(笑)
えっとアンディがらみは谷祖琳じゃなくて劉錦玲です。ジョーも「ロンゲストサマー(去年煙花特別多)」には出ていましたが。最近のジョーはすごくいいです。シリアスの最新作はアーロンの「C+偵探」。これも観て見たいなぁ。

 

私も今回みた中ではベストでした。
ラウチンワンが久しぶりに出たのが大きかったんじゃないでしょうか。
放・逐。みてないけど、黒社会とはさらにまた違った感覚で、新鮮
でした。
あと、谷祖琳は、アンディのだったか!
クレジットの見間違いかと思ってました、
ありがとうございます。
ああいう人物が出てきてしまったってこと自体にああ・・と思ってよくみなかった。
最近コメディでみて可愛かったので注目してるつもりでしたが、わからなかった・・・

KEIさん 

やっぱりー(笑)。
去年の香港国際映画祭の特集でジョニーさんを語る座談会に、長らく作品に出ていないラウチンが出てきた時、「ほんとに親友なんだな」と思いました。今度は哀愁ある正常な男子の役をお願いしたい~

 

わお、それは私も気になっていたので、是非聞いてみていただきかったです。
《無味神探》は私も大好きです。以前はソフトが無かったので、香港の電影資料館まで観に行きました。
なんだかんだいっても、節目の作品(これは、確か銀河映像の10周年記念作品だったはず)にはラウちんを頼りにしているのね、と勝手に納得してたのですけど。
私には『マッスルモンク』より遥かにわかりやすかったと思います。
キャストはちょっと、ごっちゃになりましたが…(笑)
ここ↓でティーチインの動画が見られますよ。
http://www.tv.janjan.jp/movie/tiff20th/tw10mad_detective.php
香港では11月29日から公開とのことなので、現地でもう一度観るつもりです~(耳切シーンのために三級指定になってしまいました…)
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【周杰倫(ジェイ・チョウ)武道館プレオーダー明日から】へ  【◆今日は何の日◆2007年11月5日(月)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。