スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆今日は何の日◆2007年11月3日(金・祝) 文化の日 →◆今日は何の日◆2007年11月4日(日)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

東京国際映画祭2007

「鐡三角」 @オーチャードホール

 ←◆今日は何の日◆2007年11月3日(金・祝) 文化の日 →◆今日は何の日◆2007年11月4日(日)
20071103111551.jpg20071103111156.jpg©2007 Milkyway Image (HK) Ltd.  
【鐡三角 TRIANGLE】
 監督:ツイ・ハーク(徐克) リンゴ・ラム(林嶺東) ジョニー・トー
 出演:サイモン・ヤム(任達華) ルイス・クー(古天樂) ケリー・リン(林熙蕾)

 香港が世界に誇る三大巨匠監督が手を組んで、1本のストーリーを作り上げた、香港初の“エクスクィジット・コープス(つなぎ創作)”スタイルのクライム・ストーリー。香港公開は11月公開予定でアジア初プレミア。いつも金に困っている3人の飲み仲間が、ある嵐の夜に出会った不思議な老人から、政府のビルの下に古代の秘宝が眠っていると聞く。その話に一か八かの望みを託してビルに忍び込むと確かに秘宝が眠っていた。三人は秘宝を手にするが、それを狙っていたのは彼らだけではなかった。(以上公式サイトより転載)
 

なんてステキ、香港の人々より早く大きなスクリーンで観られることのシアワセ
 でも・・・ 私としたことが予習ゼロだったもので、最初の舞台挨拶で“オムニバスじゃない”と知った時の内心の慌てようと言ったら(笑)
 どこまでが徐克(ツイ・ハーク)でどこまでが林嶺東(リンゴ・ラム)でどこからが杜峰(ジョニー・トー)演出なのかわからなかったら、どうしましょ~って。

 だからと言ってメモを取りたくても一瞬たりともスクリーンから目が離せないもので仕方なくメモは頭の中に(笑)。上映直後はアレコレ覚えていたことが、たった10日の間にモヤがかかってしまいました(汗)。

 たぶん…ですけれど冒頭のつかみ(金に困ってる3人の主人公が謎の男から名刺を渡されて)から政府ビルの地下にお宝が隠されていることを知るあたりまでがツイハークさん。
 それをいただこうと画策する中で任達華(サイモン・ヤム)のいっちゃった妻とかその不倫相手の刑事とかヤクザとかいきなり登場人物が増えた部分がリンゴさん。
 仲良し3人組(鐡三角)のはずが互いに猜疑心バリバリになり始めるあたりからジョニーさんかしら~、というのがmonicalの印象ですがどうでしょ。それとも争奪戦にいろんな新・登場人物が出てくるあたりからジョニーさんってことも考えられますが、だとするとジョニーさん部分が長すぎます(笑)でもあの流れはジョニーさん部分の脚本を担当した游乃海(ヤウ・ナイホイ)さんっぽしなー… うー、頭にモヤが・・・(爆)

 怪演で唐突に登場したのが林雪(ラム・シュ)さん(笑)でした。香港映画ファンが集まる劇場では必ずリアクションの取れる貴重な俳優さんですね(爆)。そのあたりから「なんだなんだ、このハチャメチャ加減は」ってジョニーさんタッチ爆発。
 最初の2人の監督が引きずってきたものをぶち壊すパワーに拍手

 舞台挨拶でも「二人が全部通して見たのはカンヌ。後期製作にも関わらなかったから驚いたと思う」とジョニーさんが言っていたとおり、エンドロールにあったポストプロダクション(後期製作)のメンツはすべてジョニー・トー組の面々でした。
 字幕製作会社の人からも「結局、ジョニー・トー作品になっちゃってます」という印象を聞いていたので、映画が終わった時には、2人の監督には本当に申し訳ないんですが、頭に“ジョニー・トー・フィルム”って刷り込まれてしまったmonicalだったのでした。

 林煕蕾(ケリー・リン)がmonical的にはかなり良かったです。昔より痩せて鬼気迫る役柄がピッタリでした(笑)。それと、中国の俳優さんの中では『たまゆらの女』以来すっかりファンになっちゃった孫紅雷(スン・ホンレイ)のトッポいキャラが面白かったです。
 早く香港でDVD出ないかなー。何としてももう一度見て見たいものです。 

 そうそう、監督さんたち3人を含めて舞台挨拶の時の裏話は、香港映画祭の宣伝を担当したFREEMANさんの電影宣伝自由人Blogここに詳しいです。是非


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

ローラさん 

映画祭で発熱は辛かったでしょう。
>香港人より香港映画が好きな人たちと
あははー、同好の志の連帯感って心地いいものです。香港でもラムシュで笑いが起こるんですかー。すっかり“怪優”で定着してるんだ!

 

お久しぶりです。
映画祭が始まると同時に風邪でダウンしてしまい、なんと『鐡三角』は発熱で舞台挨拶だけ何とか見て、映画を見ずに帰るという悲しさ…(涙)
でも2日から香港へ行ってきたので、『鐡三角』見てきました!最高でした~~!!
何となく画面の色やカメラの位置が変わった感じから、監督交代の瞬間が見える気がしました。それぞれの監督さんのカラーが我がままに出ていて面白かったですね。個人的にはリンゴ・ラム監督が好きなので、どんどん話をややこしくさせる意地悪さが何ともいえず楽しかったです。
香港でも林雪が出てきて爆笑!でも、きっと映画祭ではもっと盛り上がったんだろうな~と、香港人より香港映画が好きな人たちと一緒に見られなかったのが残念でなりませんでした。

モモさん 

「胡蝶飛」の英語題、リンガーって言うんですね!周渝民(ヴィック・チョウ)の文芸ロマンス。8月クランクインでもうポスプロなら、トーさん的には異様にハイスピードだわー(笑)。

 

”胡蝶飛”という中国題の映画で、中国版”ゴースト”みたいな感じの作品だそうです。いつもいろんな映画が同時進行ですね。。

モモさん 

すみません、“リンガー”って《文雀》のことですか?何しろあれもこれも同時進行形で企画を進めるのと、秘密主義の杜さんなので○×△汗…って感じ。

 

なるほど、物語を邪魔しない硬質な音楽ですか。。。ジョニー・トウ監督の次作品はリンガーですね。いま、音楽部門が完成にむけてがんばってるみたいですね。

モモさん 

それが…物語の展開と登場する俳優の識別(笑)に集中していて音楽の印象を受け止めるの、忘れまして…(汗) 王家衛(ウォン・カーウァイ)や彭浩翔(パン・ホーチョン)と違って銀河映像の作品の音楽はいつも物語を邪魔しない硬質なものを敢えて使うからかも。ある意味、本来のオリジナル・サウンドトラックですね。DVDでいずれ再度チェックします。

 

音楽はどうでしたか?

safraさん 

あー、あのグルグル(笑)。なるほどー。
強引な終わり方は単純に完成時間が逼迫していたんだろうな、なんて思ってました(爆)
映画祭は観客の拍手が本当に心地よいですね!

 

オープニングクレジットに三導演の名前が出た瞬間に、会場拍手喝采。そしてラム・シュが出た瞬間の反応。この映画は香港映画ファンへのご褒美みたいな感じですね。
リンゴ・ラム導演へのバトンタッチはもにかるさんと同じ意見ですが、ジョニー親分のパートは、尤勇先生が登場した「ぐるぐる回り」シーンからかと。
ちょっとオカルトの香りを漂わせたり、エロチック+バイオレンスなシーンを見せてみたりしてたのに…なんだあのスラップスティックは(笑) でも、あれをああしなければ話が終わらないだろうというのには強引に納得させられました。いつものトー節ならあのラストではなかったかも。

なるほど。 

香港返還時に、香港で『普通語学習ブーム』なるものがあった気がしたので、皆さん普通語できるのかなぁと思ったんですけど、今や問題ないんですね~。
ありがとうございましたm(_ _)m

りんぞうさん 

これは私の考えなので間違っていたらごめんなさい。最近の流れで香港映画にはほとんど中国の資本が入っています。それを中国で公開する場合はすべて北京語に吹き替えるのが大原則。香港では両方の言葉が混在します(最近の香港人はほとんどが北京語を聞けるし)。ただし北京語が堪能な香港俳優が合作で北京語を話し、全編北京語の作品になった場合は、香港で公開される時に広東語に吹き替えられることが多いです。

質問です。 

こんにちは。『鐵三角』は、ホントに見終わった後に『面白かった!』というのがクッキリ残った映画でした!DVD化されたら即買です。

ところで質問なんですが、『鐵三角』も『男兒本色』でも広東語と普通語で会話してましたが、あれは香港で上映される時もあのままなんでしょうか。それとも、広東語に吹き替えあり?
私、普通語は勉強していたので少しはわかる所もあるんですけど広東語は全くわからず。だから普通に会話していたのが少し不思議で。
ずっと疑問だったので、思い切って質問してしまいました。よろしければ教えて下さい……。

mimiさん 

いらっしゃいませ!
起承・転を担当した二人の監督も先が見えなかったわけで、そういう意味では観客も一緒に遊べましたね!

楽しめました! 

もにかるさん、いつもブログ楽しく拝読しています。
この映画オーチャードホールで見ることが出来ました!
全く先の読めない展開、とーっても楽しかったです。
「前の奥さん」の写真、もにかるさんに似ていませんか??
気のせいかしら。。

ゆずきりさん 

早くDVD買って30分ずつしっかり再確認したいですー。
地下鉄の話、ホンマかいなって私も。ちゃんと調べてみます。なんせネタ元は香港Wikiの“今日は何の日”だもので(汗)。

鐡三角 

どこかで、時間配分は公平に30分ずつにした、ときいたような気がするのですが。
スン・ホンレイは、最初だれかわかりませんでした。うまいですね。
しかし一番の敢闘賞は林雪さんですね!
これ一般公開するんでしょうか。
するなら予告篇に林雪のショットを入れてほしいです。一瞬だけね!
ところで、「今日は何の日」にも反応。
觀塘~石峽尾て、このまえ香港のときにゆえあって2往復したコースですが、あそこが最初だったんですね。
香港島とかじゃなかったんだなーと思いました。
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【◆今日は何の日◆2007年11月3日(金・祝) 文化の日】へ  【◆今日は何の日◆2007年11月4日(日)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。