スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆今日は何の日◆2007年4月28日(土) →みんなの感想:『モンゴリアン・ピンポン』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日本タイトル 「あ」行

みんなの感想:『イノセントワールド~天下無賊~』

 ←◆今日は何の日◆2007年4月28日(土) →みんなの感想:『モンゴリアン・ピンポン』
馮小剛(フォン・シャオガン)監督作、劉徳華(アンディ・ラウ)・劉若英(レネ・リウ)・葛優(グオ・ヨウ)主演の娯楽映画『イノセントワールド 天下無賊』が本日より公開になりました。 
公式HPhttp://www.official.cine-tre.com/innocentworld/
劇場でご覧になった皆さんの感想をお待ちしています。

20070428143552.jpg 実はこの作品を香港の映画館・皇室(ウィンザー)で観た時は「え、アンディが吹き替え」って始まるなりチョーがっかりしてテンション下がり、なにしろ広東語じゃないこともあって作品の面白さをまるで理解できず、いや、それどころか「つまんないー」というリアクションだったmonical。しかもほら、アンディの髪型がこうですからー(爆)。
 ところが日本語字幕がついたら、中国・香港合作映画の新しい息吹が感じられて感慨深い作品でした。物語だって面白いじゃないですか(笑)。
 キャストの演技のバランスが非常にいいのが第一。なんたってアンディもレネもグオ・ヨウも朴訥とした田舎の青年も全員がトロフィー受賞経験のある演技派ですから。
 アクション映画なのかロマンス映画なのか、シリアスなのかコメディなのかわかりにく~いところなんざ、まさしく合作の味わい深し(爆)。そのそこはかとないハーモニーが結構心地よいです。

 そうそ、この作品が香港で公開された時は、どこか1館で“広東語吹き替えバージョン”が上映されたことなどまるで知らず(号泣)。なんとグオ・ヨウの声を黄秋生(アンソニー・ウォン)が、田舎青年の声を杜汶澤(チャップマン・トー)がしてたらしいんです…
 当時は面白くないからということでVCDしか買っていないmonical。香港発売のDVDにはそのバージョン、入っていたんでしょうか。ご存知の方は是非お知らせください!



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

CoCoさん 

名古屋でも『女帝』は同時公開ですか?
はっきり言って監督の持ち味は『天下無賊』に生かされています。中国人のお友達にはきっと『女帝』は不評でしょう。お金かかってるなー、という第一印象、それだけは意見が一致するでしょうけれど。

遅くなりましたが。 

本日、2回目観て来ました。
(名古屋では今週で終わりなので・・・)
公開前に『中国語で短編小説を読もう』シリーズで原作(おそらく、真の原作ではないと思いますが)を読んでいても、充分に楽しめました。
はじめてみた時に劉若英の演技にやられました。堪えきれずに流す涙にハッとさせられちゃいました。
ホント、美しい方ですね~!
ちょっとやそっとじゃ感動しない私ですが、本日2度目は、
内容がわかっているだけに、ワン・ポー&ワン・リーの心情が表情だけでその切なさが伝わってきて、これから起こる出来事に、涙がこぼれて仕方ありませんでした。
何度でも観たい映画です・・・!
でも世間はもう馮小剛監督の『女帝エンペラー』ですよね。
あまり映画を観ない会社の人もこれは観に行くと言ってましたが、中国人の友人二人は「天下無賊は観たけど夜宴は見てない」と言ってました(しかも「天下無賊」に関しては大絶賛)。
こちらももっと世間の知名度が高かったらよかったのになぁ、と思うのですが只の観客ではどうすることも出来ませんね(涙)

monさん 

あー、やっぱり今日は冷房入っていたんですね(笑)。
グオ・ヨウってお肌ツルツルですよね(爆)。
どの作品を見ても「さらば、わが愛」の印象が強烈です。
レネは、誰よりも黒目が大きいと思いませんか?

 

会社帰りの疲労感たっぷりの身にも優しい、さくっとした内容で十分楽しめました。(映画館の冷房が寒くて厠所が近かったのが難点でしたが)葛優は老けてるんだか老けてないんだかわからない謎な人なとこがよかったです。今まで「女帝」はあんまり食指が動きませんでしたが、彼目当てだったら見てもいいかな。映画終わりから後遺症(?)なんだか、赤い帽子を見ると妙にどきっとします。

まあさん 

恐らく「女帝」に合わせた公開のつもりだと思います。でもそれが意味をなしていない(涙)。だったら監督ではなくアンディに照準を合わせて『墨攻』の時に上映されたら(どうせ北京語吹き替えだし:苦笑)、少しはアピールできたかも、と思います。が、所詮配給会社が横の連絡を取っているわけでもないし、そうは問屋が(笑)。

面白かったです! 

本日観てまいりました。
狭い列車の中での密室劇というのが、いかにも中国大陸らしくて面白かったです。キャスティングも絶妙で、グオ・ヨウなんて出て来ただけで、一癖ありそうな雰囲気がたまりません。華仔の近年の作品は本当に見ごたえがあります。(「墨攻」も格好よかったです!)
しかし、フォン監督は「女帝 エンペラー」の監督で、公開時期も連続しているのに、「女帝」の宣伝では全然監督名がプッシュされていないのが残念!そこを強調すれば「天下無賊」も客足が伸びるのに…。

ゆずみさん 

すばらしい!興行成績の貢献者(パチパチ)。
私も日本語字幕でやっと涙を流せました(笑)。

 

こんにちは~。
これ、実は香港版DVDを持ってて2、3回見てるんですが、試写会に2回行ってきましたv-398
シリアスなのかコメディなのか、曖昧ではあるけど、ラストがしっかりしているので、かなりわたしは気に入ってます。
日本語字幕で見ると、何も考えず没頭できるので、ラストはなおさら引きこまれました。何度見ても号泣ですv-406
そして、前売り券を持っているのでもう1回見てきます~v-411

ハナさん 

いらっしゃいませ!
うるうるするツボは何箇所かちりばめられていましたね。
これから合作がますます多くなる状況下、もう吹き替えうんぬんは言っていられないのかも。香港の人は北京語を、中国や台湾の人は広東語をネイティヴに話せるようになってほしいけれど…

泣きました 

はじめて書き込みさせていただきます。

泣きました。
感激屋で泣き虫な私は、特に最後のレネ・リウさんのシーンでは涙が止まらなくなってしまいました。それぞれの役者さん・キャラクターのバランスがすごく良くて、そこはなとなく感動しました。アンディ演じるワン・ポーが変わっていく姿と、ワン・ポー&ワン・リー二人のシーンでは自然と涙が出てきました。なにより、アンディがかっこいい☆最初は、アンディの髪型に違和感感じまくりでしたが(笑)。北京語吹替えなの残念でしたが、仕方ないんですかね・・・。似た感じの声だったのでそこまで違和感はなかったですが。

シネマート塾で、香港・中国合作のことなども伺っていたので、その辺も楽しめました。

藍華さん 

いらっしゃいませ!そして早速ありがとうございます。
うー、そうだったんですねー。
あの時買っていたら、もう少しは面白いと思ったかもー(爆)。

はじめまして 

いつもロムっているだけで、コメントを残すのは初めての藍華と申します。

私はこの香港版DVDを持っていますが
確かに広東語のグオ・ヨウ吹き替えは黄秋生の声でした。
アンディもアンディの声で吹き替えられてました。

私もいまいち意味が分かっていないので
今から字幕付きを観れる事に感謝しています。

これからもロムさせて頂きますので更新頑張って下さい!
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【◆今日は何の日◆2007年4月28日(土)】へ  【みんなの感想:『モンゴリアン・ピンポン』】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。