スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←◆今日は何の日◆2007年4月14日(土) →◆今日は何の日◆2007年4月15日(日)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日本タイトル 「か」行

みんなの感想:『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』

 ←◆今日は何の日◆2007年4月14日(土) →◆今日は何の日◆2007年4月15日(日)
本日より公開の《龍虎門》(原題)。過去記事を探してみたら、なんとマスコミ試写には1月18日に行っていました。記憶もおぼろ(笑)、香港DVDで見直す時間もとれないので、またまた1/18のゆるーい感想を転載します。映画は第一印象も大切ですが、何度も観て評価が良くも悪くも逆転するということがあるんだ、って『イノセントワールド 天下無賊』で改めて確認しましたから(爆)、この作品も早く観なおしてみたいです。(って劇場に『BB計画』も観に行けてない…汗)
劇場でご覧になった感想をお寄せください。


20070118235528.jpg 『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』の試写初日に行ってきました。ってゆーか、“かちこみ!”はてっきり宣伝コピーと思っていたので、それもタイトルに入っていると知ってビックリ(笑)。
 奇しくも『墨攻』と同じくコミックの映画化作品です。が、こちらは地元香港のコミックで35年以上愛されているもの。香港は日本と違って漫画は1作品1冊が毎週街角の新聞スタンドに並びます(だから薄~い。でもオールカラー)。以前映画化された『中華英雄』や『風雲 雄覇天下(風雲/ストームライダース)』も同類です。

 監督は葉偉信(ウィルソン・イップ)。主演はアクション監督も務めた甄子丹(ドニー・イエン)、謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、余文樂(ショーン・ユー)、董潔(ドン・ジェ)。

 うーーーーーん(爆)。いや、実に本当にコミックのコマの連続みたいでしたー(わかる?)。極彩色とCGと。キャラの外見の作りこみも現実離れ。特に髪型がー(笑)。ドニー、ニック、ショーンの3人とも前髪が異様に長くて片目しか見えない…。こっちの目が悪くなりそうでした。

 ヴィジュアル的には楽しめましたが物語がなぁ…。これで35年分の中から“最高のエピソードを抽出した” (プレスシートより)って、本当かい? 

 あまりにマンガちっくなので、ニコちゃんやショーンに“美しさ”を求めて止まないmonicalにはちょっと肩透かし。でも音楽はよかったですね。『セブンソード』『墨攻』も担当した川井憲次

 葉偉信(ウィルソン・イップ)と謝霆鋒(ニコラス・ツェー)と言ったら『トランサー(原題:2002)』があるのに(それも同じGAGAだったのに)、プレスシートに触れられていませんでした。『トランサー』の字幕を思い入れたっぷりにやった身には、少なからずショックでした(笑)。だからここで宣伝しちゃう!
トランサー-霊幻警察- プレミアム・エディション トランサー-霊幻警察- プレミアム・エディション
ニコラス・ツェー (2003/11/27)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る
 
 そうだ、“かちこみ”って一般的に知られている言葉なんでしょうか。年寄り(=コミック世代ではない)monicalは、帰りの電車の中でケータイで思わずググってしまいました。
「日本語俗語辞書」によれば…
“殴り込み”のこと。主にヤクザが複数人で敵対する組事務所を襲撃することを意味する。(中略)不良マンガ、ヤクザマンガでは“殴り込み”と書いてカチコミと読ませるものも多い

だそうです。
確かに襲撃シーンざんまいでした。はは。


記事一覧  3kaku_s_L.png 2006回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png フリマ
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 【備忘録】
記事一覧  3kaku_s_L.png 2007回顧(芸能)
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 中国映画祭2007
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑記
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日は何の日
記事一覧  3kaku_s_L.png My Works 私のお仕事
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港の味
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港電影金像奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 金馬奬
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2005
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 1文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 2文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 3文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 4文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 5文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 6文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 7文字
記事一覧  3kaku_s_L.png 未公開 8文字
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「わ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「あ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「さ」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ま」行
記事一覧  3kaku_s_L.png グループ&バンド
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂「な」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 本・雑誌
記事一覧  3kaku_s_L.png 旅の紀録
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*日本
記事一覧  3kaku_s_L.png Information*香港
記事一覧  3kaku_s_L.png 雑学香港
記事一覧  3kaku_s_L.png アンケート
記事一覧  3kaku_s_L.png テレビ/ラジオ
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港國際電影節
記事一覧  3kaku_s_L.png 金紫荊獎
記事一覧  3kaku_s_L.png 音楽賞
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「た」行
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「は」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 
記事一覧  3kaku_s_L.png 2006第7回TOKYO FILMEX
記事一覧  3kaku_s_L.png ♂ 「か」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 2008年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2008
記事一覧  3kaku_s_L.png ♀ 「ら」行
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2009
記事一覧  3kaku_s_L.png 香港BOXOFFICE
記事一覧  3kaku_s_L.png スキャンダル
記事一覧  3kaku_s_L.png 2009年回顧
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2010
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2011
記事一覧  3kaku_s_L.png 東京国際映画祭2012
記事一覧  3kaku_s_L.png アーカイブ

~ Comment ~

パイコーめんさん 

いらっしゃいませ!
確かにミラノ座クラスで盛り上がりたい作品ですね。
香港映画は本当に女性のお一人様が多いと感じます(私もその1人)。
あー『少林サッカー』の盛り上がりが懐かしい(笑)

初めまして 

遅まきながら、本日観てきました。
いや~~、楽しかったです。
うっわー、すっげー!かっちょええーー!!
うはははっ♪
な感じで全編観ておりました。

1年365日、こういうのばっかり上映してる映画館を
作ってほしい位です。
上映後、明かりが付いたら、何とお客さんのほとんどが
女性でしかもお一人様(私も!)だったことにびっくりしま
した。
やっぱり、こういうのは新宿○ラノ座あたりで大勢でゲラ
ゲラ笑いつつ、うおっ!ひょえー!などの奇声を上げつつ
楽しみたいものです。

safraさん 

香港のDVDの特典映像も面白かったから、日本のDVDは“買い”でしょうね。不思議なことに、家だったら何回見てもいいかな、って思える作品です(笑)

駆け込み! 

東京でさえ字幕版を見るのは大変だったりするので、もうじき上映が終わってしまう新宿で見てまいりました。

うーん(苦)
個々のキャラクターはなかなかいいと思うんですよ。兄弟の情愛や淡い恋心が強い決意に結びつくとか、求めて得られない願いに殉じるとか…そのへんはウィルソン・イップ監督のテイストだと思います。でも、エピソードの連環がブツギレているのが何とも。こう、もどかしいというか。
「SPL」が話の流れと情感の変化が上手く統合されていただけに、なんだかな、と感じたです、はい。

アクションは流石に素晴らしい。チェン・カンタイにもうちょっと暴れて欲しかったような気もしますが(笑)、リアルヒッティング~内功がモノを言う中華アクション原理まで、残らず押さえてあるし、ウェポン戦も見ごたえがありますね。ショーン、頑張ってたし。

仮面の怪人でしかない火雲邪神(シブミ)との最終決戦が、もうちょっとエモーショナルに盛り上がればなあ、と。もう因縁ドロドロを背負って彼らは戦う!とか…
それでも、見直してはみたいのでDVDは買います(笑)。

ホーミーさん 

ありがとうございます! そういうことだったんですね。
そういう情報、サイトやパンフにも載せて欲しいところですが、配給さんはルイスを知らないのかなぁ…(汗)

 

古天樂はシブミの声を担当しているのですよ。ですから吹き替え版だと意味ないですね。

モヤオさん 

今日、友達と話していたんですが、コミックファンにはかなり好評らしいです。確かにその要素が強いかも。あと少し、物語を練ってくれたらなぁ。

 

観てきました。あまり期待せずに…と思っていたので、それなりに楽しめました。
飛ぶなー、回るなー、ニコラスがんばってるなー、と、ストーリーよりもアクションの感想ばかり(汗)。
子供時代も長髪&同じタンクトップというベタなところ、マンガ的でよかったです。

チロさん 

いらっしゃいませ!
家で香港DVDを見直して確認しようと思っています。
編集の結果、後姿のみの出演、なんてこともある香港映画ですから・・・DVDだと一時停止できるので「ルイスを探せ」は楽しいかも(笑)

はじめまして 

今日、観て来ました。
4月15日 ごんさんのコメント:
>エンドロールに、古天樂の名前を見つけたのですが、出てましたっけ???

私も、ほえっ? どこ?
と思いました。

Michiyoさん 

どうせなら「メリー・ポピンズ」みたいに(例えが古過ぎる:汗)本当にアニメーションと実写を組み合わせてくれたら、もっと面白かった気がします。香港映画で言ったら「老夫子(恋のQピッド)」ですね。背景がアニメで、その中でドニー、ニコ、ショーンが大活躍ってのどうかしら。

 

「龍虎門」見てきました。事前にアニメちっくだとこちらで聞いていたので、何も気にせず素直に楽しめました。
ドニーのアクションは美しいですね!もちろんスタイルも!
ニコやショーンも頑張っていたと思います。
あとはストーリーだけか(爆)

 

重花丁子さん
わざと「CGだよん」という作りが痛快です(笑)。本当はどれくらいのスピードで回し蹴りしてるのかなぁって知りたいんですけれど。びゅんびゅんなんだもの…

 

ツッコミどころ満載で世間の評判はイマイチよろしくないようですが、私は好きです。
とにかくアクションが爽快。ひたすら「うわー」「すげー」「かっちょえー」の94分でございました。ドニーさん、相変わらずいい仕事してますね。

個人的には、ニコラスの脚の上がりっぷりに惚れ惚れ~。

 

風車さん
今さらですが、邦題は「龍虎門」でよかったんじゃ、と思ったりします。monicalは「かちこみ」という「その筋用語」を知りませんでしたし(爆)

 

てきさすさん
いつもありがとうございます。
うーん… 興行の世界は一筋縄ではいきませんね。

 

とんとんさん
吹き替えは字幕より情報量が多いので、それはそれでまたヨシって感じです。コミックをせっかくリアルな実写版にするのに、仮想現実みたいなCGというセンスは実に香港らしいと思います(笑)

 

純粋に楽しめました!好きですよー、こういうの♪

『トランサー』も面白かったです!
久しぶりにロー・ガーインが観れて!!

 

「かちこみ」かなり厳しいスタートですね...

http://eigaconsultant.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_8463.html

 

見てきました。
字幕で見たかったのですが、時間の関係で吹き替えで・・・
私はカンフーアクション物が好きなので面白かったです!
この映画見ててドニーさんも年をとってきたな~次の本格派アクションスターはどうなるの?って心配してしまいました。
私にとって、こんな映画が香港映画らしくて好きです。



 

ごんさん
お住まいの地域では吹き替え版上映なんですね…私も以前、『少林サッカー』が九州の地方都市で葺き替え版だけでした。それはそれで楽しかったですが。吹き替えだから余計アニメっぽく感じたのかもしれませんね。

 

こんばんは。
ドラゴンタイガーゲート、観て来ました!
私は、特に誰のファンでもないので(笑)アニメみたいでおもしろかったです。
元華の往年の回し蹴りにも感激しましたww
音楽、かっこよかったですねー。
ただ、納得行かないのが、エレクションは未だに公開されない地域なのに、これが真っ先に上映されるのか。
なんで、吹き替えバージョンしか上映されないのか。
アンガ、萎え萎え。
エンドロールに、古天樂の名前を見つけたのですが、出てましたっけ???

 

Cocoさん
いらっしゃいませ!
映画って本当に難しいと思います。演技力があってもアクションが上手にできても思い込みがバリバリでも、何かの歯車が狂って「ふーん」という作品に簡単になってしまう。鳴り物入りだっただけに、残念でした。私も川井さんの音楽が大好きです。川井さんワークを集めたサントラでないかなー。

 

はじめまして。謝霆鋒迷のCoCoと申します。
毎日楽しみに読んでおりましたが、この映画についてはどうしても言いたいことが・・・!
原作の漫画を読んだことも見たことも無いのですが、monicallさんの仰るとおり、最初から最後までホントにアニメを見ているようでした。
コマ割りやカットだけならアニメでも良かったのですが、途中から人物の動きや台詞まですべてアニメに見えてきてしまいました・・・
人間味のある温かさとかが押さえられてしまったような感じを受けました。
アニメを忠実に表現したというのは素晴らしいことなのでしょうが、ニコはニコじゃないし、ショーンもショーンじゃなかったのが残念でした。
『こいつら、つえー』(でしたっけ?)みたいな売り文句もついてたようですが、一番強いのは『龍虎門』に殴りこみかけてきたあの人だと思うのですが・・・
いろいろと批判的な感想になってしまいましたが、観終わって判りました。
俳優目当てで期待して観に行く映画ではないんだ!と・・・
ニコ目当てならカメオ出演の『プロジェクトBB』のほうが美味しかったです(笑)
今度観に行くときにはストーリーやアクション、カメラワーク、そして川井さんの音楽(『墨攻』で川井さんの音楽にほれ込んでしまいました:苦笑)
を楽しみたいです。

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【◆今日は何の日◆2007年4月14日(土)】へ  【◆今日は何の日◆2007年4月15日(日)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。