更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2009年01月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

第33回香港國際電影節(国際映画祭)情報 ようやく・・・

香港國際電影節

2009.01.31 (Sat)

 今年33回目を迎える香港國際電影節(国際映画祭)。会期は3月22日~4月13日。今日、ようやくプログラム&スケジュールの発表は2月26日チケットのインターネット販売は2月28日午前10時(日本時間午前11時)というのだけ、発表になりました。世界不況は深刻で、映画祭の運営も私たち取材記者も財布の口をギュッと締めるのは必至と思われます。monicalもまだどうしようか、もじもじしているところ。一部報道されていた...全文を読む

PageTop▲

『天使の眼、野獣の街』@シネマライズ

日本タイトル 「た」行

2009.01.31 (Sat)

  大荒れのお天気の中、初日1回目。 入りは…(涙)。まぁ、あのザンザン降りでは仕方ありません。 でも、劇場を出たらカンカン照り。まるで作品のラストシーンと一緒で感激でした。もちろん映画は人工的に降らせているんですが。 ロケのほとんどは中環(セントラル)から上環(ションワン)。ものすごい人通りの雨のシーンは、ふだんは殆んど人影もないような場所で、きっと監督はジョニーさんの《文雀》撮影の時にでもイメー...全文を読む

PageTop▲

『天使の眼、野獣の街』 シネマライズに行列を作りましょう!

日本タイトル 「た」行

2009.01.30 (Fri)

  今日、『エンプレス~運命の戦い~(江山美人)』と『ウォーロード~男たちの誓い~』の試写をハシゴしてきましたが、それより何より、まずはいよいよ明日公開の『天使の眼、野獣の街』から。 シネマライズで香港映画、というと1997年10月の王家衛(ウォン・カーウァイ)監督の衝撃作『ブエノスアイレス』でマスコミを賑わせたスペイン坂の大行列を思い出さずにいられません。 『天使の眼、野獣の街』は東京フィルメックスで『...全文を読む

PageTop▲

『さらば、わが愛 覇王別姫』 ニュープリント特別公開決定

日本タイトル 「さ」行

2009.01.29 (Thu)

 陳凱歌(チェン・カイコー)作品『花の生涯~梅蘭芳(メイ・ランファン)~』3月7日からの公開を記念して、93年のカンヌ・パルムドールに輝いた監督作『さらば、わが愛 覇王別姫』が2月28日から3月6日の一週間、新宿ピカデリーにおいてニュープリント版で特別公開されるそうです。上映時間などの詳細は2月24日朝9時から新宿ピカデリーのHPで発表になるとのこと。    特別上映告知 さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD...全文を読む

PageTop▲

故:峰岸徹 もう一つの遺作 「新宿事件」

未公開 4文字

2009.01.28 (Wed)

  昨年10月に亡くなった峰岸徹さん。アカデミー賞外国語映画部門にノミネートされ世界的に注目を浴びるに違いない『おくりびと』(監督:滝田洋二郎)や最後の出演となった親友大林宣彦監督の『その日のまえに』(出演シーンはわずか)以外にも、爾冬陞(イー・トンシン)監督・成龍(ジャッキー・チェン)主演映画《新宿事件》にも出演していることを知って驚いています。日本の暴力団の新会長役。ぴったりです~~。 香港の公式...全文を読む

PageTop▲

中国でも香港でも快進撃! 香港賀歳片(旧正月映画)

エンタメニュース拾い読み

2009.01.27 (Tue)

 旧正月映画、中国でも香港映画が圧倒的勝利だそうです。いつの時代にも、とことん笑い、とことん夢を見る。それがお正月。そんな伝統的な香港娯楽映画の快進撃 は、実に喜ばしいことであります  《家有囍事2009》 (All's well End's well 2009) 100 mins 広東語  監督:谷徳昭(ヴィンセント・コク)  出演:黄百鳴(レイモンド・ウォン) 呉君如(サンドラ・ン)     古天樂(ルイス・クー) 鄭中基(ロナル...全文を読む

PageTop▲

爆笑 《中影拜年短片》

エンタメニュース拾い読み

2009.01.27 (Tue)

 大作を送り続け大成功している中国の中国電影集団公司(中影集団)。な・なんと、オフィシャルに自分のところで製作・セールスにかかわった作品たちを集めてとんだパロディ短編(5分くらい)を作ってくれました。いくら旧正月と言え、“オフィシャルに”こんなおふざけをするなんて中国の映画事情の変化に驚いてしまいます。 (いささか、ほんまかいな・・・とも思いますが、今中国で話題沸騰。ガセネタだったらスミマセン)内容は...全文を読む

PageTop▲

《十月圍城》再始動!

未公開 4文字

2009.01.26 (Mon)

 2003年に企画され、2004年初から一部の撮影準備が始まっていたのに2004年2月8日に投資者(香港の銀行家)がクルーザーで練炭自殺(理由は投資の失敗)、撮影無期延期の憂き目にあっていた作品が陳徳森(テディ・チャン)監督の《十月圍城 Dark Octobre》です。 この投資者、ロナルドさんは『ジェイ・チョウを探して』《台北晚9朝5》ほか、監督の会社で製作した作品に投資していた最大の良き理解者だったそうです。親しい...全文を読む

PageTop▲

旧暦新年が明けました。

雑記

2009.01.26 (Mon)

 恭喜發財!  であります。こんなご時世ゆえ、当ブログでは出来るだけ楽しい話題だけを選んでお届けしたいと思う今日このごろ。前へ、前へ(笑)。皆さんの“年年有余(年ごとに余裕が出る)”をお祈りしています。音が同じのお正月料理は“年年有魚”。魚(鯉)が富の象徴らしいです。日本の“鯉の滝登り”と同じ感覚で、鯉から元気を貰いましょう、という意味があるとか。今日のメニューにお魚を加えようかな(笑)。        ...全文を読む

PageTop▲

地上波で『香港国際警察』を見ながら

日本タイトル 「は」行

2009.01.23 (Fri)

  中国の資本提供を受けていても中国でロケをしなくてよいというCEPAの規制緩和による、全編香港で撮影された初めての香港・中国合作映画『香港国際警察』を横目で見ながら書いています。日本語吹き替えだからできることです(笑)。ゴールデンタイム放映はCMで勢いをそがれようが何だろうが(苦笑)、全国的に謝霆鋒(ニコラス・ツェー)や呉彦祖(ダニエル・ウー)が知られるのですから、ファンとしては万万歳。香港国際警察 NEW...全文を読む

PageTop▲

ベルリン国際映画祭情報

香港以外の映画祭・映画賞

2009.01.23 (Fri)

 今年のベルリン、コンペには陳凱歌(チェン・カイコー)監督の『花の生涯~梅蘭芳~』だけのノミネートになった中国語映画ですが、その他の部門に関するニュースがボチボチ記事になったりしていますので、洗い出してみました。★ まず、そのコンペティションの審査員に、アメリカ在住香港生まれのウェイン・ワンが選ばれています。monicalがこの世界にはまりそめしころは、 『夜明けのスローボート』(89)とか『ジョイ・ラック・ク...全文を読む

PageTop▲

そして北へ?(香港映画産業の行方)

エンタメニュース拾い読み

2009.01.22 (Thu)

 2008年、中国本土の年間興収TOP10が発表になりました。2008年は初めて3億人民元を突破した作品が出現。はい、『赤壁(レッドクリフPartⅠ)』です。そして主に香港映画人主導で製作された作品が数々。というわけで、香港映画人が北(中国)を目指す傾向はますます強まりそうです。西を目指すよりはいいですけれど・・・殆どの作品のワールドプレミア上映は上海や北京(投資額が多いから)。香港はその次(涙)。1.《赤壁(上) ...全文を読む

PageTop▲

「2009ピーター・ホー in TOKYO」 @文化放送(浜松町)

♂ 「は」行

2009.01.22 (Thu)

 文化放送では、これまでたびたびアジアのスターを招いてのイベントを開催してきました。今回、「アジアン!プラス」はDorian S.C. Japanと台湾のスター何潤東(ピーター・ホー)の来日イベント(有料)を共催するそうです。2月8日(日)10時15分開場 11時開演会  場 文化放送メディアプラスホールチケットは17日から発売になっています。このイベントに関する詳細と現在受付中のピーターへの質問などは・・・ こちら...全文を読む

PageTop▲

【抜粋】 第3回亞洲電影大獎 中国語映画ノミネート

映画賞(金像奬、金馬奬以外)

2009.01.22 (Thu)

 昨日アップした一覧、どうも間違いがいっぱいあったみたいで(汗)、とりあえず中国語映画のノミニーだけ抜粋しました。ご指摘いただいた方、ありがとうございますなんせ公式サイトは英語だけの発表で、中国語の記事をかき集めて照合したりして~(言い訳)。春の授賞式までにはほかのアジア映画の正しい情報、集めておきます(さっさとやれ:笑)。【後日談】バラエティ・ジャパンのニュースで取り上げられていました。こちとら、...全文を読む

PageTop▲

『花の生涯~梅蘭芳~』 来日会見@ザ・ペニンシュラ東京(書きかけ)

日本タイトル 「は」行

2009.01.21 (Wed)

 行ってまいりました、来日会見。黎明(レオン・ライ)と章子怡(チャン・ツィイー)不在、と思ったら陳凱歌(チェン・カイコー)監督夫人で梅蘭芳の妻を演じている陳紅(チェン・ホン)も欠席。知り合いにもれ聞いたところでは、体長が悪かったようです。ってことは女っ気なしで地味かしら~と思いきや・・・若き日の梅蘭芳を演じた余少群(ユィ・シャオチュン)が京劇の扮装で登場  そして控え目ながらも痩せすぎながらも(笑)、...全文を読む

PageTop▲

【BOXOFFICE香港】 090105-18

香港BOXOFFICE

2009.01.20 (Tue)

 気まぐれに(笑)、今年最初の香港の興行成績など。●090112~18● 単位HK$1 赤璧II 決戰天下/Red Cliff II  9,105,834  4日  9,105,834(累計) 2 崖の上のポニョ/崖上的波兒  5,214,619  2日  5,214,619 3 オーストラリア/澳大利亞    1,402,134 11日 3,894,238 4 葉問/Ip Man            1,369,142 31日 25,292,288 5 機動部隊之同袍/Tactical Unit - Comrades In Arms 1,338,388  11日  3,640,...全文を読む

PageTop▲

『花の生涯~梅蘭芳(メイ・ランファン)~』 観てきました

日本タイトル 「は」行

2009.01.20 (Tue)

 心配していましたけれど、2時間27分はあっという間でした。なぜなら、展開がスピーディーでドラマティックなエピソードがうまく配分されていたからだと思います。残念ながら黎明(レオン・ライ)と章子怡(チャン・ツィイー)が歌ったというイメソンは聴けませんでした。 以下、観た直後にメモしたmonicalの感想を。もう一度観たら、また違った発見や感想が出てくると思いますが。ネタバレありますので、ご注意。  梅蘭芳の若...全文を読む

PageTop▲

【お知らせ】 新しいデザインについて

雑記

2009.01.19 (Mon)

 昨年と同じデザイナーの2009年版テンプレートにデザインを変更しました。「字が小さくなって読みにくい」というご指摘をいただいていますがカスタマイズ不可のテンプレートを借用しているのでゴメンナサイ。表示を120%くらいに設定していただけば、画面からはみだすこともなく適度な大きさになると思いますのでお試しくださいましまし。今日はこれから『花の生涯 梅蘭芳』の試写に出かけてきます。2時間27分だってぇええ~~m...全文を読む

PageTop▲

2008年度香港電影評論學會大獎 結果

映画賞(金像奬、金馬奬以外)

2009.01.19 (Mon)

 うっかりしていました~~香港電影評論学会の2008年度分受賞者がお正月に発表になっていたのでした。授賞式がとってもお地味なのと、monicalが九州でまったりしていた時だったので、うっかりしておりました。春の金像奬の前哨戦でもあるので、ここで受賞した作品は要チェックです受賞は以下のとおり。 最優秀作品: 《天水圍的日與夜(生きていく日々)》 最優秀監督: 許鞍華(アン・ホイ)/《天水圍的日與夜》) 最優秀脚...全文を読む

PageTop▲

第31回十大中文金曲 結果

音楽賞

2009.01.18 (Sun)

 現在RTHK香港電台で歴史ある音楽賞 第31回を迎えた《十大中文金曲》の授賞式の模様が中継されています。あ、イーソンだっ(22:30)でもなぜ、コメントが北京語よっインターネットで聴くにはhttp://www.rthk.org.hk/special/goldsong2008/concert.htmにアクセスしてみてください。かつてはなかなか繋がらなくて、やっと繋がってもとぎれとぎれだったのに今夜はサックサクです。香港ポップスが昔ほど注目されていないから、と...全文を読む

PageTop▲

『花の生涯/梅蘭芳(メイランファン)』

日本タイトル 「は」行

2009.01.16 (Fri)

 年初から香港を含む中国語映画のマスコミ試写が連日で嬉しい悲鳴です。が、あちらを取ればこちらが立たず状態で、いまだ3月7日公開の『花の生涯/梅蘭芳』の試写に行けていません。そんなこんなしているうちに、来日会見の案内が届きました。会見出席者は 陳凱歌(チェン・カイコー)監督 陳紅(チェン・ホン)…お約束(笑)。監督夫人で女優。今作でも梅蘭芳夫人役。 余少群(ユイ・シャオチュン)…若き日の梅蘭芳役 安藤政...全文を読む

PageTop▲

第81回アカデミー賞(米) 中国語映画は全滅

エンタメニュース拾い読み

2009.01.14 (Wed)

 今年のアカデミー賞、外国語映画部門のノミニーが発表になりました。が、中国・香港・台湾の代表として申請していた3作は、どれも選に入りませんでした。そのリベンジ?に、今年のキネマ旬報賞No.1の『おくりびと』が。ちなみにその3本とは…  中国: 《築夢2008》 監督:顧筠 ※ドキュメンタリー映画香港: 《畫皮》 監督:陳嘉上(ゴードン・チャン) 出演:周迅(ジョウ・シュン) 趙薇(ヴィツキー・チャオ)...全文を読む

PageTop▲

『ウォーロード/男たちの誓い』(投名状) 公開決定!

日本タイトル 「あ」行

2009.01.13 (Tue)

 わーいわーい 思っていたより、ずっと早かったです、公開。『レッドクリフ』効果、ありがたや~(笑)。金城武ファンの喜ぶ顔が目に浮かびます。そして2月公開の『三国志』にも出ている劉徳華(アンディ・ラウ)のファンもね                    ブロードメディア・スタジオ『ウォーロード/男たちの誓い』5月8日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー決定2008年 香港(北京語) 原題...全文を読む

PageTop▲

うれしい2009年のスタート

公開・公演スケジュール(日本)

2009.01.10 (Sat)

 この三連休が終わったら、いきなり気ぜわしくなります。試写やら会見やら、スケジュールをきっちり把握しておかないと大失敗をしでかしそうなので、判明しているぶんだけ並べてみました。ご参考にどうぞ!1月17日~2月6日 《香港電影天堂》 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/1/17  『戦場のレクイエム(集結號)』 http://www.requiem-movie.jp/ 監督:フォン・シャオガン 出演:チャン・ハンユー&...全文を読む

PageTop▲

『新宿事件』 5月日本公開?!?!

未公開 4文字

2009.01.09 (Fri)

 2008年の香港フィルムマーケットでナニゲにそっとアピールしていた《新宿事件》 発表から完成まで長~い時間を要した《新宿事件》 。 爾冬陞(イー・トンシン)監督の超シリアス暗黒映画の成龍(ジャッキー・チェン)が主演する(しかも驚きの展開)とか、資本を提供している中国がなかなか首を縦に振らなかったりとかで、それなりに話題になっていました。 それが本日の明報の記事にいきなり 「香港では4月のイースターシー...全文を読む

PageTop▲

(アンディ・ラウの)『三国志』 2月14日公開決定!

日本タイトル 「さ」行

2009.01.07 (Wed)

 『三国志』(三國之見龍卸甲)の公開初日が決定しました。2月14日(土)よりシャンテシネほか全国公開ば・ば・バレンタインデーです~ 彼氏・彼女を誘って行きましょいっ。監督:李仁港(ダニエル・リー)脚本:馮志強 劉浩良 李仁港出演:劉徳華(アンディ・ラウ) 洪金寶(サモ・ハン)     MaggieQ  安志杰(アンディ・オン)    呉建豪(ヴァネス・ウー) 狄龍(ティ・ロン)     劉松仁(ダミアン・ラウ)...全文を読む

PageTop▲

楊采妮(チャーリー・ヤン)監督デビュー

エンタメニュース拾い読み

2009.01.07 (Wed)

 第7回「香港亞洲電影投資會」(HAF)で、資金調達をサポートするアジアの27作品が発表されました。と言っても、そう簡単に投資会社が現れるとも限らないので、この中から何本が公開まで漕ぎつけるか、という話ですが。ちなみにこの5年間で香港映画で完成したのは葉偉信(ウィルソン・イップ)の『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』趙良駿(サムソン・チウ)の《春田花花同學會》余力為(ユー・リクワイ)の『プラスティッ...全文を読む

PageTop▲

2009年東京国際映画祭は10月17日(土)-25日(日)に開催

東京国際映画祭2009

2009.01.05 (Mon)

 第22回東京国際映画祭、2009年10月17日(土)-10月25日(日)に開催!期間 : 2009年10月17日(土)-10月25日(日) 9日間会場 : 六本木ヒルズ(港区)をメイン会場に、都内の各劇場及び施設・ホールを使用というリリースが届きました。昨年の映画祭が終了したあと、こんな記事がありましたがそれはまだ公式サイトでも発表になっていません。でもわざわざ“都内の…”となっているところをみると・・・・・・それに、去年華々しくTOY...全文を読む

PageTop▲

【香港電影天堂】@シネマート六本木 その3

公開・公演スケジュール(日本)

2009.01.05 (Mon)

 世の中、動き出しました。ってmonicalはまだ、九州におりますが。昨日は鹿児島の出水という鶴の飛来地に観察に行き(うじゃうじゃ:笑)、帰りに御立岬温泉で不知火海&天草を眺めながらの露天風呂、ふやけるほどつかってきました。温泉ってどうして、お湯に入ると「あぁああぁあ~」って第一声が出てしまうんでしょう(笑)。 なんだかブログを更新する以外、頭の中には香港の「ほ」の字もなく・・・(爆)。でも心配していませ...全文を読む

PageTop▲

【香港電影天堂】@シネマート六本木 その2

公開・公演スケジュール(日本)

2009.01.04 (Sun)

 一昨日「拍手のポチをよろしく」って書いたら、たくさん拍手いただき恐縮してますぅ~。なんか、強要しちゃったみたいでスミマセン。さて、この年末年始。いつもお正月は何かしらの香港DVDで“映画始め”をするのに、成り行きでBSの『かもめ食堂』を見てしまいました(笑)。まったりのきわみであります。シネマート六本木で1月17日から始まる、『ブラッド・ブラザーズ 天堂口』公開記念特集上映《香港電影天堂》のラインナッ...全文を読む

PageTop▲

2008年中国語映画ボックスオフィスTOP10@香港

2008年回顧

2009.01.04 (Sun)

 香港では2008年の全興行収入が前年度比で7%上昇しました。 が、これは映画料金が上がったからであって、動員数は2%減少しているそうです。香港では映画料金は統一されておらず、映画館や曜日や時間によって激しく違います。何のサービスデーでもないと、70HK$だったりします(それでも日本より安いですが)。なので動員数2%減で踏みとどまってよかった、という考え方もありますね(笑)。以下は明報のデータで、太字は日本...全文を読む

PageTop▲

【香港電影天堂】@シネマート六本木 その1

公開・公演スケジュール(日本)

2009.01.02 (Fri)

  明けましておめでとうございます    本年もどうぞヨロシクお願いいたします。この記事楽しかったな、と思ってくださったら、是非“拍手”のポチなど。そんな些細なことで一喜一憂する小心を今年は少しは克服できるか、monical(爆)。ちなみにブログのデザインは、去年と同じ作者の2009年版の登場を待っているところです。それまで仮にコレを借用していますのでご了承ください。さて。 すぐには影響が現れるものではないと思...全文を読む

PageTop▲

前月     2009年01月       翌月

Menu

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。