更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 101234567891011121314151617181920212223242526272829302008 12

【  2008年11月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

東京フィルメックス閉幕 

東京フィルメックス2008

2008.11.30 (Sun)

 東京フィルメックスが閉幕しました。『文雀』だけしか行かなかったわ~と言う方も多いかもしれませんが(笑)。各賞受賞作、受賞理由などが公式サイトにアップされています。 http://filmex.net/2008/compe.htmコンペティション・最優秀作品賞「バシールとワルツを」 (監督:アリ・フォルマン)(Waltz with Bashir/イスラエル、フランス、ドイツ/2008年)審査員特別賞「木のない山」 (監督:ソヨン・キム)(Treeless Moun...全文を読む

PageTop▲

黄秋生 こぼれ話③ 杜峰新作クランクイン

未公開 2文字

2008.11.28 (Fri)

 東京フィルメックスに『文雀』の杜峰(ジョニー・トー)監督が来日できなかったのは、新作映画の撮影準備が佳境だったからと推察できます。25日の夜、雨の中、旺角(モンコック)で“おおっぴらに”ロケが行われていたそうです。いつもなら厳戒態勢で極秘裏で進むトーさんの撮影ですが、これがフランス資本の作品だからか、だいぶ様相が違います(笑)。実はこの作品の話は、先日の黄秋生(アンソニー・ウォン) のインタビューで、...全文を読む

PageTop▲

黄秋生 こぼれ話 ②

♂ 「あ」行

2008.11.26 (Wed)

 やはり「こぼれ話」って人気ありますー(笑)。こぼれ話① にたくさんの拍手をいただきありがとうございますでは予告どおり「いかに香港映画界がヘタレか」こぼれ話の始まりはじまり~なにしろ正確なフィルモグラフィがわからないほど出演数が多い黄秋生(アンソニー・ウォン) です。いったい“主役デビュー”した作品は何なんでしょうか。(以下、M=monical、A=秋生さん)M: あの、ガッツリ主演の最初の作品って「八仙飯店之人...全文を読む

PageTop▲

黄秋生 こぼれ話 ①

♂ 「あ」行

2008.11.24 (Mon)

 お待たせいたしました。フィルメックスの合間に、先日来日した黄秋生(アンソニー・ウォン) のインタビューこぼれ話を少しずつお届けします。雑誌に書けないようなことをここに書いたら、元も子もないような気がしなくもないのですけれど(爆)。ただ、monicalはわずか二日間の間に触れた彼の人となりにとっても興味を持ったので、それを皆さんと共有できればと思うわけです。秋生さんと同じくらい口の悪いmonicalですが、それは...全文を読む

PageTop▲

【フィルメックス】 『文雀』1回目

東京フィルメックス2008

2008.11.23 (Sun)

 なんだかんだで撮影が3年越しだった杜峰(ジョニー・トー)監督の『文雀』。その年月が林煕蕾(ケリー・リン)の容貌に影響していないかしら~と心配していましたが、3年を感じさせたのはケリーよりむしろ林家棟(ラム・カートン)でした(笑)。ピリッと引き締まっているかと思えば、むくんでます~みたいな(爆)。“撮りたい映画”(作品)と“売れる映画”(商業映画)のバランスをとっている、と、かつて来日した時にトーさん...全文を読む

PageTop▲

【フィルメックス】 審査員・梁家輝(レオン・カーファイ)会見

♂ 「ら」行

2008.11.22 (Sat)

 東京フィルメックスの開会式での挨拶を終えてから始まった記者会見。いやぁ、驚きました。登場した梁家輝(レオン・カーファイ)さんは白髪に緑色のスーツに銀色のスニーカー。こーんな感じです。            実際にはもっと“みどり~”って色です(笑)以下、質問は割愛して彼の発言をまとめてみました。なんだか先日の黄秋生(アンソニー・ウォン) &呉鎮宇(フランシス・ン)の会見に似た空気…真面目な顔して冗談を言...全文を読む

PageTop▲

東京FILMEX開幕! 本日の速報をお楽しみに。

東京フィルメックス2008

2008.11.22 (Sat)

 ちょっと私用で忙しくてしばらく更新できませんでした。と思ったらフィルメックスの開幕です(笑)急遽、審査員で来日した梁家輝(レオン・カーファイ)の記者会見が夜、行われることになりました。PC持って出かけますので、なんとか速報でアップしたいと思っています。ご期待ください。「ダブルビジョン」のインタビューを香港でしたのっていつだったかしら~。さて、カーファイさんは「今までで最もファニーなインタビュアー」の...全文を読む

PageTop▲

アンディ・ラウ版趙雲の三国志、来年早春公開へ!

日本タイトル 「さ」行

2008.11.13 (Thu)

 李仁港(ダニエル・リー)監督が韓国(中国も)の資本を得て製作した『三國之見龍卸甲』が2009年早春、シャンテシネにてロードショーが決定(って、意外と知られていません:笑) レッドクリフの様子見かしら~ http://www.presidio.co.jp/#/movie/LINEUP/382006年の釜山国際映画祭で劉徳華(アンディ・ラウ)が自社(Focus Film)のプロジェクトとして発表しましたが、よくあることでその後二転三転。最終的に韓国のテウォン・...全文を読む

PageTop▲

梁朝偉(トニー・レオン)、役作りで太る

未公開 7文字

2008.11.13 (Thu)

 王家衛(ウォン・カーウァイ)監督がやっとやっと来年春、《一代宗師葉問傳》の撮影に入る、と“とりあえず”語りました(笑)。monicalの保存データでは、この作品に関するいちばん古い記事が2002年5月(爆)。さて、7年目の正直となるでしょうか。李小龍(ブルース・リー)の師匠、葉問(イップ・マン)宗師の物語。2002年の記事がおかしくて、当初は周星馳(チャウ・シンチー)にオファーが行ったが辞退されトニーに。って、王...全文を読む

PageTop▲

『エグザイル/絆』 初日決定!

日本タイトル 「あ」行

2008.11.12 (Wed)

 杜峰(ジョニー・トー)作品『エグザイル/絆』の初日が決定しました。12月6日(土)シネマスクエアとうきゅう、シアター・イメージフォーラム他全国ロードショー! http://www.exile-kizuna.com/こちらもヨロシク!12月特集上映《アンソニー・ウォン、遊侠一匹》 @シネマヴェーラ 上映作品:『イザベラ』 『インファナル・アフェア』(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ) 『メダリオン』        『マジック・キッチン』 『ツインズ・エ...全文を読む

PageTop▲

張曼玉(マギー・チャン)復帰作はタランティーノ

♀ 「ま」行

2008.11.11 (Tue)

 こんな記事を見つけました。マギー・チャン、『イングロリアス・バスターズ』に出演 作品データ(英語) The Internet Movie Database第2次世界大戦下のヨーロッパ戦線・ナチスに占領されたフランスを舞台に、捕虜らを救助に行くアメリカ兵の話でマカロニウエスタン的戦争映画になりそうな・・・というのはむかーし(2003年)のウワサ記事の内容です。明らかな決定事項は、ナチスと戦う特殊部隊の隊長役をブラッド・ピットが...全文を読む

PageTop▲

『レッドクリフ PartⅠ』 吹替版

日本タイトル 「ら」行

2008.11.10 (Mon)

 今年の春、シネコン2か所に自宅最寄駅から1本で行ける、地下鉄の新線が開通しました。片方のレディスデーは月曜日、もう片方が水曜日なのでホント、助かっています。ってあとン年もしたら、毎日1000円なんですが 。  で、今日やっと『レッドクリフ PartⅠ』の劇場公開版を観てきました。夏の完成披露試写会で観ただけだったので。(東京国際は取材のバタバタで観られず)試写会の時より「三国志」を知らない人にも理解できるよ...全文を読む

PageTop▲

「ファースト・ミッション」 夢の発売

DVD発売情報(日本)

2008.11.10 (Mon)

 ファースト・ミッション プレミアム・エディション(2枚組)(2008/11/27)ジャッキー・チェンサモハン・キンポー商品詳細を見る東京国際映画祭と会期が一緒だったので、スケジュールの都合でどうしてもシアターN渋谷に観に行けなかった成龍(ジャッキー・チェン)の幻の作品『ファースト・ミッション』。今、キネマ旬報に載せる紹介記事を「ぜーぜー」言って書きました。なぜ「ぜーぜー」かと言うと・・・あまりに中身がお宝だらけでテ...全文を読む

PageTop▲

え、来年の東京国際は六本木と銀座???

東京国際映画祭2008

2008.11.08 (Sat)

 今日の朝日新聞の文化欄を見て驚きました http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY200811080059.html今でこそ六本木会場に慣れましたが、そもそも渋谷と六本木の2か所開催ですら迷惑しごく、交通の便が悪いものだから、とんと渋谷に行かなくなりました。昔は渋谷だけでバタバタするのが本当に楽しかったです(笑)。私は非常に商業的な匂いがするシネコンでの開催はもともと反対です。 もっと町を巻き込んで、通り掛かりの人がふ...全文を読む

PageTop▲

陳嘉上(ゴードン・チャン)監督、“二億元俱樂部”に

エンタメニュース拾い読み

2008.11.07 (Fri)

 中国内地の興行収入が2億元を超える監督たちを総称して「二億元クラブ」と言うのだそうです(笑)『HERO』『王妃の紋章』で達成した張藝謀(チャン・イーモウ)《投名狀》で達成した陳可辛(ピーター・チャン)『戦場のレクイエム』で達成した馮小剛(フォン・シャオガン)『レッドクリフ Part1』で達成した呉宇森(ジョン・ウー)。 そこに陳嘉上(ゴードン・チャン)が加わりました。 そう、甄子丹(ドニー・イエン)主...全文を読む

PageTop▲

『エグザイル/絆』 記者会見

日本タイトル 「あ」行

2008.11.07 (Fri)

 ファンミ採録、お楽しみいただいたでしょうか。先んじて行われた記者会見の模様は 公式サイトからリンクがはられている【Movie Walker】の記事をご覧ください。(手抜き:笑)今回の動向はMovie Walkerが動画で完全密着取材していましたから、公開日が近づいたらきっとこちらで見られるのではないでしょうか(今度確認しておきます)。なお、舞台挨拶は録音しなかったのでmonicalも現時点で頭真っ白(苦笑)。自分が何を話したか...全文を読む

PageTop▲

お待たせ 『エグザイル/絆』 ファンミ・レポート Part2

日本タイトル 「あ」行

2008.11.06 (Thu)

 Part1はこちら とりあえず1枚、主催者から送られてきた“噂の”monical無茶振り寸劇シーン  ムヴィオラ/HongKong Addict BlogM: 数え切れず死ぬ役をやられてきましたが、印象に残っている作品は?F: 僕だって死にたくはない。   死ななければ続編に出られるからね。すぐ殺されるのは御免だ。A: 最近はあまり死ぬシーンはないが、   印象的なのはやっぱり「インファナル・アフェア」だろうね。   でも実際に...全文を読む

PageTop▲

お待たせ 『エグザイル/絆』 ファンミ・レポート Part1

日本タイトル 「あ」行

2008.11.06 (Thu)

 大変ながらくお待たせしました。後日、公式写真を追加します。その際は告知しますのでどうぞお楽しみに。※この採録は主催者の了解を得た独占公開です。HongKong Addict Blogお使いになる場合は転載ではなくこのブログのリンクを張っていただくかトラックバックの形でお願いします。11月2日 『エグザイル/絆』 ファンミ @ホテル西洋銀座 A:黄秋生(アンソニー・ウォン)  F:呉鎮宇(フランシス・ン)M:monicalこと水田菜穂...全文を読む

PageTop▲

NHKアジア・フィルム・フェスティバル 『追憶の切符』(原題:車票)

未公開 2文字

2008.11.06 (Thu)

 朝からHNKふれあいホールに行ってきました。非営利な雰囲気がただよう、ゆるーい空間でしたー(笑)。スクリーン特大ですが椅子は折りたたみ。まぁ、500円だから仕方ないのですが、六本木ヒルズの椅子に慣れている身にはどうもじっと座っていられませんでした。もぞもぞ。 1本目は『墨攻』の張之亮(チェイコブ・チャン)監督が中国資本で製作した『追憶の切符』。人が生きることの意味や機微を過去しっとりと描いて金像奬...全文を読む

PageTop▲

『レッドクリフ PartⅠ』 滑り出し絶好調!

日本タイトル 「ら」行

2008.11.04 (Tue)

 明日がNHKアジア・フィルム・フェスティバルの2本を見る日であることをすっかり忘れていましたなので明日締切の原稿を1本仕上げねばならず、 「あきおじゃんゆー」のテープ起こし、ストップしています。すみません(monicalとオオカミ)。てな時に、 『レッドクリフ PartⅠ』を配給しているエイベックスから報告が入りました。<『レッドクリフ Part!)』11/1~11/3(3日間)興行成績>◆上映館数:全国545館 ◆来場者数:825...全文を読む

PageTop▲

秋生&鎮宇レポートの前書き(笑)

日本タイトル 「あ」行

2008.11.04 (Tue)

 たった40人のファンミ、900の客席満杯の舞台挨拶つき試写会、どちらも「楽しかった」という感想をコメントでいただいたり、ブログなどで書いていただいて心からホッとしているmonicalです。ありがとうございました。どの感想にも必ずある言葉・・・「monicalさんの鋭いツッコミ」・・・・・(汗)はい、monicalが直さなければいけない性格のひとつに「人を上手に褒めることができない」というのがあります(苦笑)。インタビューに...全文を読む

PageTop▲

『エグザイル/絆』もろもろ、明日になります

日本タイトル 「あ」行

2008.11.03 (Mon)

 昨日、黄秋生(アンソニー・ウォン) &呉鎮宇(フランシス・ン)の来日レポートを今日、空き時間にアップするとお伝えしましたが、アンソニーのインタビュー(forキネ旬)を終えていったん帰宅しちゃいました。会見~ファンミ~インタビューのテープおこしがとても間に合わないと思ったからです。アンソニーは今朝もじゅうぶんご機嫌でした。がっつり差しでのインタビューは初めてだったのでさすがのmonicalもかなり緊張(笑)。で...全文を読む

PageTop▲

黄秋生(アンソニー・ウォン) &呉鎮宇(フランシス・ン)来日!(の速報)

日本タイトル 「あ」行

2008.11.02 (Sun)

 12月、シネマスクエアとうきゅう、シアターイメージフォーラムで公開される(全国順次)、杜峰(ジョニー・トー)監督作品、昨年の東京フィルメックスで観客賞にあたるアニエスbアワードに輝いた『エグザイル/絆』のプロモーションで、黄秋生(アンソニー・ウォン) と呉鎮宇(フランシス・ン)の2人が昨日来日しました。空港に熱いファンたちの出迎えを受けたからでしょう、今日も超ゴキゲンでした。記者会見や、その後に行...全文を読む

PageTop▲

みんなの感想:『レッドクリフ PartⅠ』 

日本タイトル 「ら」行

2008.11.02 (Sun)

 公開初日の11月1日が“映画の日”だったこともあって、特に大画面の劇場は大盛況だったらしいですね。三国志ファンを巻き込んで(というか、人数的には圧倒的にそちらがメジャーで、私たちアジア映画ファンはマイナーもいいとこ:笑)、あーだこーだのレビューがネット上にさぞたくさん寄せられることでしょう。というわけで、当ブログでも皆さんの感想を募集します。ただし誰でも読みやすい10行ぐらいでヨロシクお願いします。語...全文を読む

PageTop▲

1989年の杜峰(ジョニー・トー)×黄秋生(アンソニー・ウォン)

♂ 「さ」行

2008.11.02 (Sun)

 今日・明日は12月公開、杜峰(ジョニー・トー)監督の『エグザイル/絆』のプロモーションで黄秋生(アンソニー・ウォン) と呉鎮宇(フランシス・ン)が幸運なファンの前に姿を表します。同監督作の『ザ・ミッション 非情の掟』や、二人の初(たぶん)共演映画『溶屍鬼』や、なぜ日本で紹介されていないのか不思議でならない素晴らしい共演作・陳木勝(ベニー・チャン)監督の《衝鋒隊之怒火街頭BigBullet》などを見直しました...全文を読む

PageTop▲

李嘉欣(ミシェル・リー)入籍!

♀ 「ま」行

2008.11.01 (Sat)

 今年はなんだかオメデタ続きだった気がします。38歳を迎えた李嘉欣(ミシェル・リー)が、かねてより噂の恋人、実業家(というか大富豪の御曹司)の許晉亨(ジュリアン・ホイ)と入籍。10月28日に金鐘(アドミラルティ)紅棉道の結婚登記所に婚姻届を提出したそうです。ジュリアンさん(46)はかつて何超儀(ジョシー・ホー)のお姉さん・何超瓊(パンジー・ホー)と91年に結婚、いろいろな報道を総合すると2000年には離婚の話があった...全文を読む

PageTop▲

前月     2008年11月       翌月

Menu

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。