更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2005年10月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

東京国際映画祭 みんなの感想 リンク一覧

東京国際映画祭2005

2005.10.31 (Mon)

 記事・コメント投稿閲覧にご面倒おかけしました。以下、リンク一覧です。印象が新鮮なうちに是非コメントお寄せください。コメント欄、5行以内にコンパクトにまとめていただくと助かります。monical【上映タイトル50音順】『浮気雲』 『Aサイド、Bサイド、シーサイド』 『AV』 『同じ月を見ている』『靴に恋する人魚』 『月光の下、我思う』 『恋人』『深海』『単騎、千里を走る。』 『長恨歌』 『チョコレート・ラップ』 『ディ...全文を読む

PageTop▲

第18回東京国際映画祭 閉幕 受賞一覧

東京国際映画祭2005

2005.10.31 (Mon)

 前売り券発売開始から閉幕までの約1ヶ月、お疲れ様でした。会場ではたくさんの方に声をかけていただきました。初めて投稿ネームとお顔が一致してmonicalは嬉しかったです。忘れないために紀録として写真撮らせていただきましたが、悪用はしません(笑)。映画と映画の間の空き時間は、ほとんどプレスセンターに詰めていたので、なかなかゆっくりお話することはできませんでしたが、【アジアの風】の上映会場は、アジア映画ファン...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月31日

今日は何の日

2005.10.31 (Mon)

 ハロウィン(万聖節の前夜祭)誕生日 60年生まれ 45歳 朱寶意(エミリー・チュウ)70年生まれ 35歳 呉奇隆(ニッキー・ウー)WebCinema 『香港バタフライ』全4回 最終回配信開始 http://www.kwebcinema.jp/index_top.html台湾:1969年 CTV(中國電視台/中視)開局(放送開始)香港:容祖兒(ジョーイ・ヨン) Reflection of Joey's Live 2005 最終日(香港コロシアム)香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月30日 

今日は何の日

2005.10.30 (Sun)

 誕生日 68年生まれ 37歳 游鴻明(クリス・ユー) 台湾:陳綺貞(チアー・チェン) 2005花的姿態演唱會 10/29-30(台北國際會議中心)香港:容祖兒(ジョーイ・ヨン) Reflection of Joey's Live 2005 10/26-31(香港コロシアム)第18回東京国際映画祭 閉幕香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月29日

今日は何の日

2005.10.30 (Sun)

 誕生日 75年生まれ 30歳 林煕蕾(ケリー・リン)69年生まれ 36歳 陶晶瑩(タオズ)57年生まれ 48歳 陳昇(ボビー・チェン) 10/10説もあり『春の雪』(リー・ピンビン撮影)公開台湾:陳綺貞(チアー・チェン) 2005花的姿態演唱會 10/29-30(台北國際會議中心) 香港:容祖兒(ジョーイ・ヨン) Reflection of Joey's Live 2005 10/26-31(香港コロシアム)第18回東京国際映画祭 10/30まで香港:「中國電影展2005」...全文を読む

PageTop▲

2泊3日のプチ赤坂旅行

雑記

2005.10.28 (Fri)

  夕べと今夜、赤坂に泊まっています。まさかグランドハイアットに泊まれるはずもなく(涙)。 27日は朝からスケジュールびったびたで、最後の『深海』を見終わると、ギリギリ終電で帰っても寝る時間がほとんどありません。で、エーイ!って、六本木から自宅までのタクシー代より安い宿を楽天トラベルで探しました。「ウィークリーマンション赤坂」。 なんか笑っちゃう部屋です。14畳くらいの部屋のど真ん中にでぇええん!とキン...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日2005年10月28日

今日は何の日

2005.10.28 (Fri)

 誕生日 66年生まれ 39歳 陳法蓉(モニカ・チャン)DVD発売:『美しい夜、残酷な朝 』『故郷の香り』『成龍アクションDVDセット II (6枚組)』 「新ポリス・ストーリー」「奇蹟/ミラクル」  「レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳」 「ファイナル・ドラゴン」 「ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門」 「ジャッキー・チェンの飛龍神拳」『恋・愛・都・市~恋がしたい DVD-BOX 1(5枚組/15話収録)』『CEO』『至福のとき』...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月27日

今日は何の日

2005.10.27 (Thu)

 誕生日 1970年生まれ 35歳 蘇慧倫(ターシー・スー)香港:『怪物』『最好的時光(スリー・タイムス)』公開香港:容祖兒(ジョーイ・ヨン) Reflection of Joey's Live 2005 10/26-31(香港コロシアム)1955年 南ベトナム(ベトナム共和国)成立 第18回東京国際映画祭 10/30まで香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで...全文を読む

PageTop▲

更新情報:東京国際 monicalの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.26 (Wed)

  東京国際映画祭も今日が中日。monicalが鑑賞した作品の感想を、それぞれの“TIFF みんなの感想”に加筆しました。このまま下にスクロールしていっていただくと、中国語圏の作品が50音順で並んでいます。探しにくくてゴメンナサイ(汗)。『同じ月を見ている』陳冠希(エディソン・チャン)祭り(笑)の写真、アップしています。...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月26日

今日は何の日

2005.10.26 (Wed)

 誕生日 1965年生まれ 40歳 郭富城(アーロン・クォック)DVD発売:『20.30.40の恋』香港:容祖兒(ジョーイ・ヨン) Reflection of Joey's Live 2005 10/26-31(香港コロシアム)1955年 南ベトナム(ベトナム共和国)成立 第18回東京国際映画祭 10/30まで香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月25日

今日は何の日

2005.10.24 (Mon)

 誕生日 1971年生まれ 34歳 朱茵(アテナ・チュウ)第18回東京国際映画祭 10/30まで香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで...全文を読む

PageTop▲

Weekly Asia Boxで皆さんの反響をご紹介します

My Works 私のお仕事

2005.10.24 (Mon)

  文化放送BSQRで11月5日に放送、ポッドキャストQRでは11月7日からお楽しみいただけるWeekly Asia Boxでは、担当のニュースコーナーFlash Asiaとは別に、東京国際映画祭の“monicalにとっての”まとめを担当することになりました(Reserve Seat)。もちろんアジア映画に話題集中(笑)。 このブログに皆さんからいただいた作品の感想や、会場についての感想などあれこれ、原稿の参考にさせていただきます。 monicalも身体...全文を読む

PageTop▲

『黒社会』VS『愛していると、もう一度』香港決戦

エンタメニュース拾い読み

2005.10.24 (Mon)

  香港で杜峰(ジョニー・トー)監督の注目作『黒社会』と、東京国際映画祭でインターナショナル・プレミアとなる『愛していると、もう一度(再説一次我愛你)』の公開がスタートしました。 初日のBOX OFFICEの結果は・・・(MOV3.comより)『黒社会』が43館で109万HKドル『再説一次…』が40館で84万HKドル。【情報更新】 公開8日目のBOX OFFICEの累計は・・・(MOV3.comより)『黒社会』が44館に増えて881万HKドル『再説...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月24日

今日は何の日

2005.10.24 (Mon)

 文化庁『ボップアジア2005』福岡公演(スカラエスパシオ 18:30開演)中英:北京条約調印(九龍割譲決定) 第18回東京国際映画祭 10/30まで香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月23日

今日は何の日

2005.10.23 (Sun)

 誕生日 1954年生まれ 51歳 李安(アン・リー)◆命日 2003年 106歳 宋美齢(蒋介石の妻・宋家三姉妹の三女)第18回東京国際映画祭 10/30まで香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月22日

今日は何の日

2005.10.22 (Sat)

 第18回東京国際映画祭開幕 10/30まで公開開始 『世界』(銀座テアトルシネマほか)『イエスタデイ、ワンスモア』(シネリーブル池袋20:50のみ)DVD発売:『カオマ(原題:救命)』2004香港:「中國電影展2005」(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで...全文を読む

PageTop▲

東京国際映画祭 感想をお待ちしています

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 中国語映画のタイトルを、あいうえお順に並べてみました。皆さんの感想コメントをお待ちしています。タイトルにあがっていない他の作品や、会場について、映画祭全体についてなどの感想コメントはこの記事のコメントにお寄せください。★現在コメントをいただいている作品★『チャンドラムキ』(インド)『スキージャンプ・ペア』(日本)『細い目』(マレーシア)『ミッドナイト・マイ・ラブ』(タイ)『一緒にいて』(シンガポール...全文を読む

PageTop▲

No.0 『愛していると、もう一度』10/29 TIFFみんなの感想

日本タイトル 「あ」行

2005.10.21 (Fri)

 『愛していると、もう一度』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 「号泣」というウワサを聞いていたので、しっかりタオルのハンカチ用意しましたが、それほどでも。上映後のダニエル・ユー監督のティーチインで劉徳華(アンディ・ラウ)の二役について客席から「キャラの違いがはっきりしない」と鋭いツッコミがあった通り、どちらも《愛していながら愛情表現が不器用というか、そういつもい...全文を読む

PageTop▲

No.1 『浮気雲』10/27・29 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『浮気雲』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 monicalはもともと、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)作品が得意じゃありません。色はとてもキレイだから映像は好きなんですけれど、お話がカッ飛びすぎていてついていけないんです…。この『浮気雲』も鮮やかな色がポップで奇想天外な扮装をしたキャストたちによるミュージカルシーンは、どんな設定であれ今までで一番楽しみました。 でも主人公...全文を読む

PageTop▲

No.2 『Aサイド、Bサイド、シーサイド』10/25・26・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『Aサイド、Bサイド、シーサイド』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 monical、途中で意識不明の爆睡、なので作品を語ることができません。この作品も『靴に恋する人魚』と同じく、劉徳華(アンディ・ラウ)のFOCUS FILMが出資をしていたのでした。舞台の長洲島の有名な海水浴場の民宿は93年ごろ若者の“練炭心中”が社会問題化した時に取材に行ったことを思い出しました。...全文を読む

PageTop▲

No.3 『AV』10/26・27・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『AV』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 映画の感想というより、監督の感想(笑)。なにしろ1m真正面だったものですから(爆)。去年よりずっと綺麗に見えたのはなぜ?…①顔にドーラン塗っていた、もしくはエステに行って毛穴ケアをした、もしくは今仕事が立て込んでいなくて睡眠が十分取れていた②去年は真っ赤なスタジャン&ダボダボジーンズ。今年は迷彩ブレイカーにワークパンツ、...全文を読む

PageTop▲

No.5 『靴に恋する人魚』10/27・29 TIFFみんなの感想

日本タイトル 「か」行

2005.10.21 (Fri)

 『靴に恋する人魚』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 『浮気雲』は苦手で『靴に恋する人魚』は大好き…。いくつになっても女はやっぱりフリフリロマンが好きなのかも知れません。monicalは台湾の絵本作家・幾米(ジミー)の作品を原作にした映画(『ターンレフト・ターンライト』『恋の風景』など)はどれも大好きですし…。 『靴に恋する人魚』は原題を『人魚●●』と言いますが、●●がまさ...全文を読む

PageTop▲

No.6 『月光の下、我思う』10/22・25・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『月光の下、我思う』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 楊貴媚(ヤン・クイメイ)、中年になったなぁというのが第一印象。でもそれが役柄にピッタリでさすがと唸らせてくれました。台湾と日本との密接な過去、世代間のギャップ、言語の違い、という歴史や文化の香りを存分に配しながら、これでもかと言うほど女の情念(怨念?:笑)が見事に描かれて、うーん台湾映画ーっ!という印象でし...全文を読む

PageTop▲

No.7 『恋人』10/24・25・27・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『恋人』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 冒頭に三島由紀夫の小説の一節が登場します。なるほど三島文学に影響を受けた“泥沼の愛情”物語でした。計算してのことだと思いますが、色の濃度が高い上に陰影が強く目が疲れましたけれど。ギョッとするほどのSEXシーン多々。多すぎて眠くなったり(爆)。台詞の数は決して多くなく(特に主役の藍正龍ラン・チェンルン)、それゆえ猜疑心に翻弄...全文を読む

PageTop▲

No.8 『深海』10/25・27・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『深海』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 リー・ウェイ♂、ターシー・スー♀という新旧(笑)アイドルに「アイドルであることを忘れろ」と監督が注文とつけたという演じるにはかなりの覚悟と修練が必要だったろうと思われる静かな力作。25日の上映後の評判が大変良かったので、27日に観映、28日に監督のティーチ・インを取材しました。繊細なガラス細工のような作品で、人間の心の弱さや寂...全文を読む

PageTop▲

No.9 『単騎、千里を走る。』 10/22 TIFFみんなの感想

日本タイトル 「た」行

2005.10.21 (Fri)

 『単騎、千里を走る。』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 入場してからまず「張藝謀・高倉健 心の旅」というメイキング映像がじっくり紹介されました。これが大正解。というか張藝謀(チャン・イーモウ)監督作品の場合、本編より感動的だったりすることも多々(笑)。 その後、お二人が舞台挨拶に登場。なにしろ映画祭のオープニング上映&ワールドプレミアですから、結構じっくり。健...全文を読む

PageTop▲

No.10 『長恨歌』10/22・30 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『長恨歌』2005香港映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。  短時間でも十分ファンを喜ばせてくれた3人。上左が胡軍(フー・ジュン)、右が鄭秀文(サミー・チェン)、左が關錦鵬(スタンリー・クヮン)監督。とにかく關錦鵬監督作の中ではピカイチ登場人物が多かったのではなかろうか。サミーの衣装と眉毛の形がカットごとに変わったのと、胡軍が思いっきりカッコ良かったのと。場所は変わ...全文を読む

PageTop▲

No.11 『チョコレート・ラップ』10/23・24・26・27 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『チョコレート・ラップ』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 出来立てのほやほや、ワールドプレミア。ある意味、とても“台湾映画らしくない”台湾映画でした。静かにネットリしている、という感じがしないんです。監督が十数年ハリウッドで仕事をしていて台湾に戻ってきたのは3年前と聞いて妙に納得しました。 ヒップホップ・ダンスに生きる若者たち。その中の3人の男子それぞれのダンス...全文を読む

PageTop▲

No.12 『ディバージェンス』10/22・25 TIFFみんなの感想

日本タイトル 「た」行

2005.10.21 (Fri)

 『ディバージェンス』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 陳木勝(ベニー・チャン)監督&郭富城(アーロン・クォック)渾身の作品です。呉彦祖(ダニエル・ウー)はまた“北から来た殺し屋”かぁ、という印象ですが(笑)、監督にしてみたら『香港国際警察』とまったく違うキャラ(笑)。最近コメディの多かった鄭伊健(イーキン・チェン)の渋さも新鮮です。 でもこれ、映画2本にはなりそ...全文を読む

PageTop▲

No.13 『ドジョウも魚である』10/22・25・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『ドジョウも魚である』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。  ヒロインがあまりにたくまし過ぎて“かなわないよなぁ”と自分のふがいなさが作品鑑賞より最初に来てしまった作品(笑)。二人の“ドジョウ”の演技は老練で、中国映画界の俳優の層の厚さに改めて驚く。こんなスゴイ映画がコンペ作品(監督はデビュー2作目まで、という出品規定がある)だなんてオソロシイ。中国映画でいつも惜しい...全文を読む

PageTop▲

No.14 『飛び魚を待ちながら』10/22・25・27 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『飛び魚を待ちながら』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。...全文を読む

PageTop▲

No.15 『ドラゴン・プロジェクト精武家庭』10/27・28 TIFFみんなの感想

日本タイトル 「た」行

2005.10.21 (Fri)

 『ドラゴン・プロジェクト精武家庭』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。...全文を読む

PageTop▲

No.16 『呪い/この一刻』10/25・27・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『呪い/この一刻』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 呉鎮宇(フランシス・ン)がチンピラとか黒社会ボスとか正義の刑事とか、ちょっとお弱い街のお荷物とかじゃなくて、愛に翻弄される男をここまでドップリやっている作品でして、かなり目の保養をさせていただきました(笑)。 作品はホラーというよりミステリー・ロマンスといったところ。シリアスなジャンユーのラブシーンいっぱい見...全文を読む

PageTop▲

No.17 『非婚のいう名の家/台湾黒電影』10/23・26・28 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『非婚という名の家/台湾黒電影』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 取材の都合で『非婚の家』だけ見ました。50分強の中篇ドキュメンタリー。台湾の中年期を過ぎようとしているゲイたちの心のオリがとても切なかったです。これぞ最もシンプルなドキュメンタリーのお手本という感じ。やっぱり彼らってとても繊細。見ていて優しい気持ちにしてくれました。 途中、『蘭宇(ランユー)』の胡...全文を読む

PageTop▲

No.18 『ファイヤーボール』10/25・27 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『ファイヤーボール』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。...全文を読む

PageTop▲

No.19 『真昼ノ星空』10/26・28 TIFFみんなの感想

日本タイトル 「ま」行

2005.10.21 (Fri)

 『真昼ノ星空』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。...全文を読む

PageTop▲

No.20 『無米楽』10/22・23・25 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『無米楽』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 なんと素晴らしいドキュメンタリーだったことでしょう!感動しました。取材対象の選択、季節を映し出す風景、過酷な労働環境。ところが虐げられ続けたはずの台湾の農民たち(60代~70代)の深いシワを刻んだ笑顔は、この上なくチャーミングで無垢なんです。彼らは最初っから達観している。汗する哲学者ですね。弟子入りしたくなっちゃったくら...全文を読む

PageTop▲

No.21 『モンゴリアン・ピンポン』10/22・ 23・ 25・ 26 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『モンゴリアン・ピンポン』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 とにかく心洗われる映画です。ニン・ハオ監督はまだ28歳。2003年の東京フィルメックスで監督デビュー作『香火』がグランプリを獲得した新進気鋭の人です。あなたも映画の中に登場しても全然違和感ないわ、という童顔の監督のつぶらな瞳(爆)。 ピンポン玉を初めて見た少年たち(もちろん俳優ではありません)の無垢なリアク...全文を読む

PageTop▲

No.22 『私たち』10/25・26・27 TIFFみんなの感想

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

 『私たち』映画祭で見た感想をお寄せください。5行以内でコンパクトにお願いします。 コンペティション参加作、ワールドプレミア。今のところ是非グランプリを取らせてあげたい作品です。少ない制作費でもこんなに素晴らしい作品が出来るんだとティーチインの監督の話で知ってさらに感動。物語も素敵なら自然の風景も素敵、それを支える竇唯(ドウ・ウェイ/王菲フェイ・ウォンの元夫)のオリジナル・スコアと彼が奏でる古琴(中国...全文を読む

PageTop▲

東京国際映画祭 決戰前夜の????∞

東京国際映画祭2005

2005.10.21 (Fri)

  取材する身としては悪あがきもいーところですが…(疲)。POP ASIAでインタビューが取れるのか取れないのか(取れたら明日の可能性大)、じりじり待ちの状態です(涙)。事務局とのやりとり、夕べも夜中の3時半まででしたから、いやーな予感(苦笑)。 舐めるように、いろいろ送られてくる資料を見るのですが、解せないことが結構あって。その資料と、ビミョーに訂正されてたりいなかったりの公式サイトをつき合わせて発生した...全文を読む

PageTop▲

東京国際映画祭 ゲスト情報

雑記

2005.10.21 (Fri)

  事務局からプレスに「一斉に」配信したと言う「ゲスト情報」が私には届いていなくてウンザリしていたら、コメント欄に“MovieWalker”にもう発表されていると情報いただきました。ビックリー&怒  と思ったら「ファイルが大きすぎて戻ってきてしまった」というリストが午前1時に事務局から再送されてきました。 中国語圏作品のゲストは以下のとおりです。(意識朦朧なのと、事務局リストに??な部分もあり、完璧なリストでは...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月21日

今日は何の日

2005.10.21 (Fri)

 誕生日1970年生まれ 35歳 古天樂(ルイス・クー)1924年生まれ 關海山(クヮン・ホイサン) 10/27説もあり1973年生まれ 32歳 張崇(アレックス・チョン・スンタッ)北京:色彩地帶 TWINS 2005北京演唱會(北京工人體育館) 草[虫孟](グラスホッパー)Weコンサート(香港コロシアム) 最終日 第2回東京アジア・ミュージックマーケット ショーケース 最終日 代官山UNIT 当日券(一般)2500円 http://tamm.jp/jp/04li...全文を読む

PageTop▲

『イエスタデイ、ワンスモア』22日よりレイト公開

日本タイトル 「あ」行

2005.10.20 (Thu)

  →公式サイトこちら せんだって配給元のパンドラさんの担当者と会うチャンスがありました。地味なレイトショー公開にも関わらず前売りは好調だそうです。 そう言えば、世の中はなにげに「ミニ・劉徳華映画祭」状態。『ベルベット・レイン』の公開、忘れたころの『ダンス・オブ・ドリーム』のDVD発売、映画祭では最新主演作『愛していると、もう一度』とプロデュース作『靴に恋した天使』が上映されます。 本作、杜峰(ジョ...全文を読む

PageTop▲

東京国際 ティーチ・イン&舞台挨拶(あくまで予定)

東京国際映画祭2005

2005.10.20 (Thu)

 取材用受付開始時間として連絡が来た内容ですが「うのみ」にせず「ゆるい」解釈をお願いします。また「ブログで見た」とこの件について事務局へ(怒りの)のお問い合わせは、お控えいただきますよう(笑)。下記は中国語映画(または日本語)のみです。あしからず。...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月20日

今日は何の日

2005.10.20 (Thu)

 誕生日 1962年生まれ 43歳 王傑(デイヴ・ウォン)草[虫孟](グラスホッパー)Weコンサート(香港コロシアム) 10/20・21香港:『黒社会』(監督:杜峰ジョニー・トー)、『再説一次我愛你』(主演:劉徳華アンディ・ラウ)一般公開開始 第2回東京アジア・ミュージックマーケット ショーケース 21日まで 代官山UNIT 当日券(一般)2500円 http://tamm.jp/jp/04live.htm香港::「中國電影展2005」開幕(香港文...全文を読む

PageTop▲

随時更新 募集!心に残る“女装の麗人”(爆)

雑記

2005.10.19 (Wed)

 強調文【香港十大男装の麗人】の記事(10/19)を(勝手に)受けて、当ブログで、皆さんから【心に残る“女装の麗人”】のコメントを集めたいと思います。 コメント欄に、【投票】作品名(中国語圏映画のみ。日本公開タイトル。未公開の場合は原題)と男優の名前だけお書きください。 この記事に製作年と原題、監督を当方で加えて反映させていきます。締め切りは東京国際映画祭が終わる30日いっぱいまで。これはmonicalの作業の都合...全文を読む

PageTop▲

映画祭公式サイトから“ゲスト情報”削除!

東京国際映画祭2005

2005.10.19 (Wed)

 東京国際映画祭の公式サイトが更新されました。スケジュールがポップアップ・ウィンドウになり、そこから作品情報に飛ぶスタイルに変更。と・と・ところが・・・メニューから“ゲスト情報”が削除されています。今一度、スケジュールの舞台挨拶やティーチ・インがどうなっているか、じっくり見直す必要がありあそうですね。決定したものだけ載っているのか、まだ最初のままなのか・・・...全文を読む

PageTop▲

金馬奬 ノミネート作品発表!

金馬奬

2005.10.19 (Wed)

 ※情報訂正しました【最佳劇情片(最優秀作品)】『天下無賊』監督:馮小剛(フォン・シャオガン) 『天邊一[几/木]雲(浮気雲)』監督:蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)『社會』監督:杜峰(ジョニー・トー) 『最好的時光(スリー・タイムズ)』監督:侯孝賢(ホウ・シャオシェン)『功夫(カンフー・ハッスル)』監督:周星馳(チャウ・シンチー)【最佳導演(最優秀監督)】蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)/天邊一[几/木]雲(浮...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月19日

今日は何の日

2005.10.19 (Wed)

 第2回東京アジア・ミュージックマーケット ショーケース開幕 21日まで 代官山UNIT 当日券(一般)2500円 http://tamm.jp/jp/04live.htm香港::「中國電影展2005」開幕(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで DVD発売:『星が輝く夜に DVD-BOX II (5枚組)』『風雲2 DVD-BOX 後編(5枚組)』...全文を読む

PageTop▲

香港映画 十大“男装の麗人”

エンタメニュース拾い読み

2005.10.18 (Tue)

  中国のポータルサイトcina.comのファン投票で《香港電影十大超經典的女扮男裝(香港映画十大男装の麗人)》がありまして、その結果が発表されていました。こういう“くくり”でビデオやDVDを見直して見るのも面白いのでご紹介します。圧倒的1位は、おそらく日本の映画ファンの間でも異論は出ないのでは、と思います。1位 『北京オペラブルース(刀馬旦)』86の林青霞(ブリジット・リン) 監督:徐克(ツイ・ハーク)2位 ...全文を読む

PageTop▲

◆今日は何の日◆2005年10月18日

今日は何の日

2005.10.18 (Tue)

 誕生日1974年生まれ 31歳 慮巧音(キャンディ・ロー)1976年生まれ 29歳 周迅(ジョウ・シュン)1979年生まれ 26歳 呉克群(ウー・カーチィ)★台湾:第42回金馬奬ノミニー発表(日本時間18時)香港::「中國電影展2005」開幕(香港文化中心、香港科學館、香港電影資料館)11/15まで 文化庁『ポップアジア2005』東京公演(東京国際フォーラム)...全文を読む

PageTop▲

前月     2005年10月       翌月

Menu

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。